温泉に行くと結構目立つのがお尻の黒ずみです。お尻の黒ずみは若い人からお年寄りまで広い範囲の年代で見られます。私の場合はどうかと、温泉に行ったときは鏡を見て確認せずにはいられない時もあります。


お尻を触るとブツブツザラザラな手触りがあり、解消するにはどうしたらいいか悩みの種でもあります。長年の悩みの種でもありました。


ましてや独身の女性などは、恋人ができると気になるところでもあります。やっぱりツルツルのお肌でいたいし、お尻なんて手入れしていないみたいで恥ずかしいです。確かに身体を毎日洗っても、お尻にボディクリームを毎日塗ってお手入れをしている人は少ないかもしれません。


お尻の黒ずみの原因を考える

a1150_001219
事務など座って仕事をしていると、どうしても体重がお尻にかかって、黒ずんで座りジミになってしまうことは多いです。


体重が一度にお尻にかかってしまい、新陳代謝の低下が起こりやすい状態になってしまい乾燥しやすい状態になります。


また、レースなどがついた小さめの勝負下着などを着用したりしていると、デリケートゾーンやVラインなどが摩擦て擦れて黒ずんでしまうこともありそうです。実際、いろいろなサイトの記事を見てみると、下着が原因であることは書かれています。


ブツブツザラザラのサメ肌は、乾燥肌には起こりやすく、またお尻に保湿をするという考え方もあまりないのではないかと思うのは私だけでしょうか?


お尻の黒ずみお尻ニキビ解消・乳首黒ずみもPeach Rose(ピーチローズ)ジェル


ピーチローズも最近流行りのオールインワンタイプのジェルです。


ナノ化された低分子美肌成分、水溶性プラセンタ、ヒアルロン酸、コラーゲンで肌の中からと高分子の水溶性プラセンタ、ヒアルロン酸、コラーゲンで肌の外からカバーして保湿と、肌の潤いと肌のハリを取り戻し、お尻のニキビはもとより、ブツブツのサメ肌のお尻もつるつるな肌にしてくれ、保湿の実力もなかなかです。

又たくさんの生薬が肌を美白に導いてくれます。


これは気軽に始められる ↓ 



おしりの黒ずみだけでなく、乳首の黒ずみにも使っている人もたくさんいるようです。


それでも満足いく乳首の黒ずみ解消が出来なかったら、トレチノインとハイドロキノンを使ったトレチノイン療法も考えてみたらどうでしょうか?


やっぱりトレチノインとハイドロキノンの外用薬は、最終手段としては1番の実力者だと思います。











シミ解消改善の強い味方
ハイドロキノン(ユークロマクリーム)トレチノイン併用
組み合わせ相乗効果は、ここに詳しくまとめてあります。
    ↓
ハイドロキノン+トレチノイン効果 最強セットまとめ


 

トレチノインやハイドロキノンを配合している、スティーバAやユークロマクリームは、医薬品です。
市販の化粧品よりも成分が濃いので、効果の結果も素晴らしいですが、副作用、副反応が、強く
出る劇薬でもあります。取り扱いは、自己責任となります。十分注意して、取り組みましょう。

この記事にコメント

*

トラックバックURL