しみとそばかすの違いについて

2015.4.22|トレチノインとハイドロキノン効果について

老けた印象を与えてしまう場合もある、しみやそばかすは一見同じに見えて特徴や原因は違います。

しみやそばかすの、違いについて説明します。

しみは加齢や厳しい紫外線のダメージや、ニキビの跡などが原因となり症状が出るもので後天的な原因が挙げられます。

しみには老化現象である老人性色素斑や、ニキビの跡など皮膚の炎症による炎症後色素沈着、ホルモンバランスの乱れが発生の原因となる肝斑などの種類があります。

肝斑は頬や額また目の周辺に、左右対称に現れることが多いです。

そばかすは遺伝性で、症状が出ることがほとんどです。
そばかすは雀卵斑とも呼ばれていて、しみよりも小さい斑点が特徴で顔の鼻の周辺特に頬にかけてよく出る症状です。

顔以外にも症状として出る場合があり、腕や背中などにも見られます。

紫外線などを浴びてしまうと、そばかすが濃くなるなどの性質を持っています。




このしみとそばかすは持って生まれる、遺伝的なものか紫外線や加齢などの後天的なものかの違いがありますが、その大元はメラニン色素が増えることが原因となります。

どちらの対策も紫外線予防を、しっかりとすることキレイな肌づくりには欠かせないビタミン類を積極的に摂ること、そしてメラニンが増加する原因ともなる肌への、強い刺激を避けるなどの対策を取ることが重要です。

肝斑に向くトレチノイン療法のやり方とは



>>トレチノイン、BIHAKUENの詳細はこちら<<


>>ハイドロキノン ユークロマ クリームの詳細はこちら<<



シミ・シワ・たるみ解消のために
ハイドロキノン(ユークロマクリーム)トレチノイン(スティーバA)併用、
組み合わせ相乗効果は、ここに詳しくまとめてあります。
    ↓
ハイドロキノン+トレチノイン効果
最強セットまとめ



 

トレチノインやハイドロキノンを配合している、スティーバAやユークロマクリームは、医薬品です。
市販の化粧品よりも成分が濃いので、効果の結果も素晴らしいですが、副作用、副反応が、強く
出る劇薬でもあります。取り扱いは、自己責任となります。十分注意して、取り組みましょう。


ハイドロキノン+トレチノイン人気記事

まとめ

ハイドロキノン+トレチノインでシミそばかす肝斑・しわタルミくすみを消す最強セットまとめ

濃度

スティーバaとユークロマクリーム濃度と効果について

副作用

トレチノインとハイドロキノンの副作用まとめ|ハイドロキノン編

トレチノイン副作用

トレチノイン・ハイドロキノン効果なし検証口コミ

シミ

ハイドロキノン・トレチノイン療法シミ治療のやり方

妊娠中のシミ・そばかすを美白できる?

シワたるみ

しわ・たるみ改善トレチノイン療法

シワたるみ改善で若返るトレチノインとイオン導入とリンパマッサージ

トレチノインと首のしわについて

顔のたるみが進む条件と予防法

クマ

青クマ・黒クマ・茶クマを解消改善する

乳首の黒ずみ

乳首の黒ずみを解消美白する方法と塗り方のコツは?

ハイドロキノンで陰部を美白出来るの?

デリケートゾーンの美白はルミキシルORハイドロキノン?

ハイドロキノンで黒ずみを美白・Vゾーン、脇、陰部など

垂れたバストを授乳前に戻してバストアップ

毛穴

ディフェリン(トレチノイン)と毛穴とニキビ

美顔器

【動画】アラフォー30-40代口コミ |トリアフラクショナルレーザー美顔器

毛穴、シミ、しわ悩み解消|ダーマローラースペシャルケアセットくちこみ

肌のタルミの美顔器VSシミ・そばかすなど解消の美顔器

まつ毛

エクステで弱ったスカスカで短いまつ毛を格安で長くする方法

紫外線

紫外線を防ぐサプリメント|ホンマでっかTVで紹介

この記事にコメント

*

トラックバックURL