トレチノインとは、ビタミンA 誘導体(レチノイド)のことですが、シワやタルミを取るのに効果があるというけど、どれくらいの、しわやたるみに適応するのだろう。

ちりめんじわや細かいシワは、効果的に効くらしい。


でも、深いシワやたるみには、やっぱり効果が鈍るようだ。


深いしわやタルミには、手術やレーザーでの対応のほうが良さそうだ。

手術は恐いので、自宅で出来る肌が10歳若返るレーザー美顔器について
後にお話しようと思っています。



 



トレチノインとハイドロキノンしわ
 

トレチノインジェル0.1%ハイドロキノン4%
1日1回、2ヶ月間塗り薬をして、1ヶ月外用薬を中止。
これを1クール
として、合計2クールの半年間の結果だそうです。


東大式トレチノイン療法参照


まずは、トレチノイン療法は(トレチノインとハイドロキノンを成分とする
外用薬で治療する)、くすみや肌の質感、肌の色ツヤの改善など、加齢に対抗する
アンチエイジング
には十分に期待できます。


でも、小じわが気に始めた頃に始めれば、肌の老化に抵抗出来るというものです。
トレチノイン療法の一番効果的な場所は、やっぱり顔で、あまり効果がみられないのが
ボディや手足などだそうです。これは素直に納得できるところです。


トレチノインは、光老化の症状、シミ・くすみやシワ・たるみなどの症状に
効果がある
ことが解ってきました。


トレチノイン(私の場合スティーバA)をシワやタルミを取るために使用の場合、
続けてスティーバaを塗ることによって、肌の表面(表皮)が活性がされ、
ターンオーバーが早くなります。肌(角質)がフケのようにポロポロと剥けてきます。


表皮の中のメラニンが、早くなったターンオーバーの働きで外に排出されるのが
早くなります(約2週間)。これによって肌のくすみが改善されます。
ハイドロキノンの働きによって、新たにできるシミを予防します。


また、ヒアルロン酸などの沈着が促されるので、真皮層の線維芽細胞がコラーゲン産生を
促すので、肌のハリが戻ってきます
。また肌の中のMMPという酵素が活性化されて、
シワを作るのを阻止するそうです。海外ではアンチエイジングに使用することも
認可されました。


でも、ピリピリしたり、皮が剥けたりしなくなるという副反応がなくなってくると、
これは使いやすくなったということではなく、肌が慣れて効き目がなくなった
(耐性が出来てしまった)、ということなので使うのを中止して、肌を休ませ
(1ヶ月から2ヶ月ほど)、改めて始めるのがいい方法です。


効き目がなくなったと濃度を濃くする前に、肌を休ませ、もう一度同じ濃度で
始めることの方が大切だと思います。


話が長くなったので、次は小じわを取るためのトレチノイン・ハイドロキノン療法のやり方を
説明します。


痛い人は、ピリピリする。赤く腫れたという人もいます。途中でゴワついて不安になる人もいますが、これが肌の変化の証のようです。



 
>>トレチノイン、BIHAKUENの詳細はこちら<<

>>ハイドロキノン ユークロマ クリームの詳細はこちら<<

 


ハイドロキノン(ユークロマクリーム)トレチノイン併用
組み合わせ相乗効果は、ここにまとめてあります。
    ↓
ハイドロキノン+トレチノイン効果
最強セットまとめ


この記事にコメント

*

トラックバックURL