ソバカスは子供の頃、5~6歳くらいから目立ち始めて、鼻を中心に頬や目の下、顔の高い部分によく出来るとされています。

また肌色の白い人にできやすく、背中にまでも出来てしまう人がいます。


ソバカスは遺伝性のもので、せっかく消えても
また出てきやすいものです。でも思春を超えると
徐々に目立たなくなっていくようです。


ところがソバカスの出来やすい人の方が
肝斑になりやすいとも言われています。


肝斑は25~30歳ころ、妊娠をキッカケにできることが多く、
出産後や閉経後に自然に消えていく人が多いです。


だからといって、閉経後までだなんて待てません。
だって、今現在、気になることなのだから・・・


h3マークソバカスを目立たなくするためには?

美白する女性 ソバカスは確かに遺伝的な要因が大きいので、完全に消してしまうということは難しそうです。


でもソバカスを薄くし、目立たなくすることは出来ます。


先ずは紫外線予防、UVケアをしっかりすること。


日焼け止めは勿論のこと
日傘やツバの広い帽子、サングラス、マスクなどで、徹底して紫外線から肌を守ってあげると、
ソバカスは薄くすることが可能なようです。


スキンケアやメイクアップも、ビタミンC誘導体ローションを使うとか、
下地クリーム、ファンデーションやバウダーファンデーションなど、
何層にもUV効果のあるものを重ねることで、紫外線予防もより強固なものになります。

h3マークもっと薄くしたい!トレチノインハイドロキノン配合の外用薬を使う美白療法

美白する女性
皮膚科や美容クリニックへ相談に行くと、
トレチノインやハイドロキノンを使った方法を
教えてくれることがあります。


しかし、美白については自費となります。


お医者さんの指導のもと、自宅で塗り薬を使って、自分で治療をするものでトレチノイン療法と言います。


その後は自分でしっかりと使い方を勉強して、自己責任で安く治療をしている人もいます。


トレチノイン療法とは
皮膚の新陳代謝を高めて、ターンオーバーを半分の周期に短くして、
細胞にメラニン色素がたまってシミとなっている細胞を

角質とともに、肌の外に押し出すトレチノインと、
これからできるシミの予防と今あるシミを漂白するハイドロキノンを併用して
シミやソバカス、肝斑などの色素沈着を薄くしていくものです。


トレチノインの効果によりターンオーバーが早くなるために、
皮膚炎のような炎症が起こり、痒みや皮剥けが起きます。

きれいな肌になるまで我慢ができれば、とてもきれいな肌になりますが
いろいろな注意点があります。


ソバカスの場合は、どうしても遺伝的な要素が大きいため、
またぶり返すこともあるので、絶対に消えるとは言えませんが、紫外線予防の徹底と、
トレチノイン療法で随分と目立たない状態にすることは可能だと思います。


トレチノイン療法のご本家です。  美容への扉


濃度の薄いトレチノインとハイドロキノンの配合された外用薬
スティーバA(トレチノイン)やユークロマクリーム(ハイドロキノン)で
始めてみるのもいいと思います。


まずはしっかりと知識を集めてください。

このブログでも、肝斑やピンポイントのシミ消しなど、いろいろ書いてます。
よろしければ、参考にしてください。






>>トレチノイン、BIHAKUENの詳細はこちら<<


>>ハイドロキノン ユークロマ クリームの詳細はこちら<<



ハイドロキノン(ユークロマクリーム)トレチノイン(スティーバA)併用、
組み合わせ相乗効果は、ここに詳しくまとめてあります。
    ↓
ハイドロキノン+トレチノイン効果 最強セットまとめ


 

トレチノインやハイドロキノンを配合している、スティーバAやユークロマクリームは、医薬品です。
市販の化粧品よりも成分が濃いので、効果の結果も素晴らしいですが、副作用と言うよりは、副反応のですが、こちらも強く出る劇薬でもあります。使用方法をよく確認の上、使い方の順番などは、シミの種類を確認しながら、必ず!自己責任で注意をしながら使用してください。

この記事にコメント

*

トラックバックURL