シミが増える1番の原因は紫外線

2015.4.14|トレチノインとハイドロキノン効果について

シミは顔の印象を老け見えにしてしまいます。女性の大半の人が多かれ少なかれ悩んでいますけれど、男女を問わず最大の悩みと言えると思います。

しみのできる原因をしっかりと理解すれば、シミを見つけるたびにそのシミにあった適切な対策を取って、美肌づくりのをすすすめ、いつまでも若々しい肌でいたいです。

まずシミの最大の原因は、紫外線であると言われています。

老化により肌のターンオーバーの長さが長くなってしまいます。それに伴って回復力は衰え肌のメンテナンスも若い頃のように素早く行き届かなくなっていきます。

日焼けなどのように紫外線によるダメージがメラニン色素の異常発生の原因となって細胞からメラニン色素が溢れシミとなります。

シミという症状として顕著に出てくるのが、30代後半から40代前半にかけての場合が多いです。

紫外線A波は波長が長く真皮層の肌にまでダメージを与えるのかというと、肌の奥底にある、メラノサイトと呼ばれる色素細胞を活性化してしまい、メラニン色素を多く作り出してしまうからです。

他にもシミが増える原因として、妊娠やピルの服用等により女性ホルモンの異常分泌ニキビ跡などの炎症後の黒ずみ、日頃の睡眠不足ストレスなどの影響から、増えてしまう場合があります。

しみ予防の対策としてはキレイな肌づくりには欠かせない、美肌の栄養素であるビタミン類を積極的に摂ること、もちろん万全な紫外線対策を取ること、そして肌に強いストレスをかけないようにしっかり泡立てて優しい洗顔などを心がけて、アンチエイジングに取り組み必要があります。



point飲む日焼け止め
ホンマでっかTVで紹介のヘリオケア








シミ・シワ・たるみ解消のために
ハイドロキノン(ユークロマクリーム)トレチノイン(スティーバA)併用、
組み合わせ相乗効果は、ここに詳しくまとめてあります。
    ↓
ハイドロキノン+トレチノイン効果
最強セットまとめ



 

トレチノインやハイドロキノンを配合している、スティーバAやユークロマクリームは、医薬品です。
市販の化粧品よりも成分が濃いので、効果の結果も素晴らしいですが、副作用、副反応が、強く
出る劇薬でもあります。取り扱いは、自己責任となります。十分注意して、取り組みましょう。


ハイドロキノン+トレチノイン人気記事

まとめ

ハイドロキノン+トレチノインでシミそばかす肝斑・しわタルミくすみを消す最強セットまとめ

濃度

スティーバaとユークロマクリーム濃度と効果について

副作用

トレチノインとハイドロキノンの副作用まとめ|ハイドロキノン編

トレチノイン副作用

トレチノイン・ハイドロキノン効果なし検証口コミ

シミ

ハイドロキノン・トレチノイン療法シミ治療のやり方

妊娠中のシミ・そばかすを美白できる?

シワたるみ

しわ・たるみ改善トレチノイン療法

シワたるみ改善で若返るトレチノインとイオン導入とリンパマッサージ

トレチノインと首のしわについて

顔のたるみが進む条件と予防法

クマ

青クマ・黒クマ・茶クマを解消改善する

乳首の黒ずみ

乳首の黒ずみを解消美白する方法と塗り方のコツは?

ハイドロキノンで陰部を美白出来るの?

デリケートゾーンの美白はルミキシルORハイドロキノン?

ハイドロキノンで黒ずみを美白・Vゾーン、脇、陰部など

垂れたバストを授乳前に戻してバストアップ

毛穴

ディフェリン(トレチノイン)と毛穴とニキビ

美顔器

【動画】アラフォー30-40代口コミ |トリアフラクショナルレーザー美顔器

毛穴、シミ、しわ悩み解消|ダーマローラースペシャルケアセットくちこみ

肌のタルミの美顔器VSシミ・そばかすなど解消の美顔器

まつ毛

エクステで弱ったスカスカで短いまつ毛を格安で長くする方法

紫外線

紫外線を防ぐサプリメント|ホンマでっかTVで紹介

この記事にコメント

*

トラックバックURL