トレチノインが浸透しやすいイオン導入後に塗る方法

2014.5.6|トレチノインとハイドロキノン効果について トレチノインについて

これはあくまで、私が自己責任でやっているスキンケア法です。

実感としては、とても効果のあった方法といえます。


お風呂あがりに、イオン導入機器を使ってビタミンC誘導体やプラセンタ液を肌に浸透させます。その後


化粧水トレチノイン(スティーバAクリーム) ハイドロキノン
ユークロマクリーム 保湿(DNAリペアクリーム)→ 馬油
またはワセリンで、ラップのようにフタをするという順番で
塗っています。


美顔器は首も使っています。
美顔器はこれ→
美顔器 イオン導入器 ビタミンC V.C☆送料無料☆


目の下のシワ取り1か月後




言い訳をすれば、パソコンばかり見て、余裕がなかったというのが
本音のところですが、ある日、鏡を見て愕然としました。


比較的敏感肌なので、保湿力のないスカスカ肌になりやすいのに
何も手入れせずにいたのが1番の原因と言えます。


下ばかり見て、何もせずに放っておくと
こうなってしまうという、絵に描いたようなお話です。


その後、約1ヶ月イオン導入とトレチノイン療法で、これだけの回復を見ます。

トレチノインの浸透を良くするためには

a0002_004122_m
トレチノインは浸透があまりよくないそうで、どうしようかと考えた末、美顔器で浸透を良くしようと考えました。


美顔器を使わない時は、ブースター(浸透を良くする美容液)を使っています。トレチノインの反応が強い人は、やめたほうがいいかもしれません。



ブースター美容液はこれです。 導入美容液 fiorire


しかし私の場合は有効な方法でした。目の下の小シワも薄くなりましたし
目袋も薄くなっています。



くすみはしっかりと取れて、肌もツヤが出て白く美しい肌へと変化
し始めています。


なかなか写真ではこの変化を撮ることは難しいのですが、鏡を見ると
自分なりに変化が分かります。


手で触ってみると、トレチノイン(スティーバAクリーム)を
塗っている時はポロポロ肌はむけザラザラですが、剥けが止まると
肌触りがスベスベで、変化は明らかによく解ります。



私の皮剥け2


首も細かいシワは、少しずつ減っているように感じます。


シミも薄くなっていますが、日焼け止めを忘れると、少し色が戻って
一進一退な感じですが、ものすごくは濃くなっている印象ではありません。


でも、やっぱりUVケアは、シッカリと行う必要を実感しています。


まだまだ若い頃のようにはいきませんが、やってよかったと思う方法です。


肌のたるみは、年齢とともに格闘する必要を感じているので、
早いうちから始める肌の乾燥対策、保湿のケアは
「大切だなぁ」と思う
、今日、此の頃です。




 

>>トレチノイン、BIHAKUENの詳細はこちら<<


>>ハイドロキノン ユークロマ クリームの詳細はこちら<<


ハイドロキノン(ユークロマクリーム)トレチノイン(スティーバA)併用、
組み合わせ相乗効果は、ここに詳しくまとめてあります。
    ↓

ハイドロキノン+トレチノイン効果 最強セットまとめ


 

トレチノインやハイドロキノンを配合している、スティーバAやユークロマクリームは、医薬品です。
市販の化粧品よりも成分が濃いので、効果の結果も素晴らしいですが、副作用、副反応が、強く
出る劇薬でもあります。取り扱いは、自己責任となります。十分注意して、取り組みましょう。

この記事にコメント

*

トラックバックURL