トレチノインで乳首の黒ずみを美白する

2014.5.15|トレチノインとハイドロキノン効果について 乳首の黒ずみを解消する方法

乳首や乳輪の黒ずみに悩んでいる人は、数多くいます。

妊娠をするとホルモンバランスの影響で、乳首が黒くなる人が多いです。年月がたてば自然に乳首の色も薄くなるようです。


でも、いつまでも乳首が黒いままでいたくないと思うのは
誰だって思うことです。

トレチノインとハイドロキノンを併用して乳首を美白するトレチノイン療法



そこで医薬品のトレチノインとハイドロキノンを併用して乳首を美白する
トレチノイン療法というものがあります。


トレチノイン療法は、顔のシミやそばかす、肝斑などの美白治療に
使われる治療法です。



まずは皮膚科や美容クリニックなどで診察や治療法の指導を受けて治療をするものです。


顔のシミ解消にトレチノイン療法で治療すると、個人差はありますが、一般的には
治療を初めて3日目くらいから、皮が剥け始めます。


しかし身体に使用する時は、少し時間がかかります。
乳首で半年から1年ほどはかかるようです。


胸から下の膝やくるぶしなどの黒ずみを解消するのは、反応が起きるのは少し間があるようです。


胸から下は、ハイドロキノンだけの使用をオススメしている医師もいらっしゃいます。


テレビの番組で、セカンド・オピニオンなどよく効く言葉です。


いろんなお医者さんに相談し、やっと病気の原因見つかって、治療が始められたという
お話も聞きます。頼りにできる懐の深い良い医師に巡り会いたいと思います。


自費の金額も医師や病院によって、金額が違いますので、お医者さんで相談する時は
まず金額や美白治療をしているか、問い合わせてみるのもいいと思います。


ただ、私の場合は女性独特の悩みということもあり、お医者さんで相談するのは
恥ずかしいので、自宅で自分で美白治療をしています。


ならどうやって外用薬を手に入れているかということですが、トレチノインは
日本では売っていませんので、個人輸入代行の通販サイトから購入しています。


個人輸入だからといって英語が必要ではなく、日本語のサイト、普通の日本語を
使って購入することができます。




スティーバAとユークロマクリーム3
興味のある記事があれば、参考にしてくださいね。

乳首美白のやり方はこの記事にarrow_red 乳首の黒ずみを解消美白する方法

乳首のトレチノイン療法の注意点について


乳首のトレチノイン療法は、綿棒などを使って、乳首の少し内側まで
トレチノインを塗ります。


5分ほどおいて、トレチノインが乾いてから、ハイドロキノンを塗るのですが
トレチノインが乾ききっていなかったら、拭いとってもいいです。


次にハイドロキノンを上から重ねて塗るのですが、乳首の少し外まで塗ります。
でも、あまり外まで塗りすぎると、ハイドロキノンを塗ったところと、自分の
乳房の色と差がでてしまいますので、乳輪から、あまり外まで塗らない方がいいです。




 

>>トレチノイン、BIHAKUENの詳細はこちら<<


>>ハイドロキノン ユークロマ クリームの詳細はこちら<<




ハイドロキノン(ユークロマクリーム)トレチノイン併用
組み合わせ相乗効果は、ここに詳しくまとめてあります。
    ↓
ハイドロキノン+トレチノイン効果 最強セットまとめ


 

トレチノインやハイドロキノンを配合している、スティーバAやユークロマクリームは、医薬品です。
市販の化粧品よりも成分が濃いので、効果の結果も素晴らしいですが、副作用と言うよりは、副反応のですが、こちらも強く出る劇薬でもあります。使用方法をよく確認の上、使い方の順番などは、シミの種類を確認しながら、必ず!自己責任で注意をしながら使用してください。

この記事にコメント

*

トラックバックURL