トレチノインで水ぶくれが出来る?

2014.2.6|トレチノインとハイドロキノン効果について トレチノインについて

トレチノインとハイドロキノンを毎日、
1日1回(夜)、または1日2回(朝と夜)
塗っていたら、急に赤みが出た、ひどい時は、ひょっとして水ぶくれなんてことが起きたりすることもあるらしい。


このトレチノインの副作用は人によってずいぶん違うようです。



 トレチノインの反応は人によって違う


トレチノインの効果(副作用、副反応)があまり反応がない人もいる。
このサイト他のページを見ていただくとわかりますが、
トレチノインの効果は皮膚炎のような症状が出ることです。

あまり反応がない場合は、

1.濃度を濃くする。

2.1日1回を2回にする、というような対処がいいようです。(回数は2回まで)
  

また、赤みがひどくなったとか、それどころか赤黒くなった。
剥けがひどい、ヒリヒリが痛くて我慢できないなど、
症状がひどい時は、トレチノインを塗るのをやめて、ハイドロキノンのみにする
ようにと東大式の先生は指示なさっています。


私の場合は、ひどい時は、トレチノイン(スティーバaクリームを使っています)
を塗るのをやめて様子を見ています。


実は、目の周りの小じわが気になって、目の近くまで塗っていたら、
目が痒くなってしまって、トレチを塗るのをやめました。
驚くことに、3日ほどでアッサリ、痒みが治まりました。


こんな時は、すぐに皮膚科やクリニックにいってみてもらうことを
してください。


不安でいるよりも、診てもらった方が、自分の精神的にも
お肌のためにも絶対いいですので、病院に行ってください。


また、トレチノイン効果で肌に皮膚炎がでたら、肌のバリア機能も
弱っているので、トレチノイン療法をする時は

必ず紫外線の予防も忘れず、しっかり保湿も行ってください。
私の場合は、痒くなると保湿クリームを補ってあげると、痒みも治まりました。


もちろん繰り返しですが、保存は冷蔵庫です。






 

>>トレチノインジェル・クリームの詳細はこちら<<


>>ハイドロキノン ユークロマ クリームの詳細はこちら<<




ハイドロキノン(ユークロマクリーム)トレチノイン併用
組み合わせ相乗効果は、ここに詳しくまとめてあります。
    ↓
ハイドロキノン+トレチノイン効果 最強セットまとめ


 

トレチノインやハイドロキノンを配合している、スティーバAやユークロマクリームは、医薬品です。
市販の化粧品よりも成分が濃いので、効果の結果も素晴らしいですが、副作用と言うよりは、副反応のですが、こちらも強く出る劇薬でもあります。使用方法をよく確認の上、使い方の順番などは、シミの種類を確認しながら、必ず!自己責任で注意をしながら使用してください。


この記事にコメント

*

トラックバックURL