トレチノインの濃度の調節の仕方がないか、探していました。

トレチノインを薄めるものブレンダーというそうですが、
やはりハイドロキノンをブレンダーにしているクリニックを
何度か見かけました。



h3 美魔女ホンポのトレチノインの薄め方


個人輸入代行通販サイトのオオサカ堂の売れ筋が、トレチノイン0.1%ですが
ハイドロキノン4%と同量くらい混ぜあわせれば、両方が半分の濃度になり
肌の負担も軽くできます。


自分で肌に合う割合で混ぜれば、自分の肌の赤くなり具合が調節できます。
おかげで、くすみはなくなり、肌が少し明るくなったのは、割合早い段階で
実感
出来ました。


また、シミはくすみほどの早い時間では消えてはくれませんが、薄くなっていく
実感
はしっかりとあります。


顔全体のくすみ、ソバカス、肝斑などは、焦らずにゆっくりと取り組む
良い方法であると思います。


ちなみに、ハイドロキノンを単体で薄めるのは、これも自己責任ですが
ハイドロキノンは水に溶けますので、精製水など数滴で伸ばすことも
可能ではあります。


ハイドロキノン単体で塗って、トレチノインの症状が出る時は
アレルギーがあると疑ったほうがいいです。

 トレチノイン効果とアレルギーと私の治療法


皮膚の構造 トレチノインの効果

  1. 角質を剥がす働き、ピーリング作用があります。

  2. 表皮の新陳代謝を良くして細胞分裂を早くする。つまりターンオーバーが約半分の早さとなる。

  3. 毛穴の皮脂の分泌を抑制する、つまり皮脂腺の働きを抑えてニキビなどをできにくくする作用がある。

  4. 皮脂の奥深いところ真皮、線維芽細胞のコラーゲンを増やす。肌の張りを
    取り戻し引いては小じわの改善につながる。

  5. ヒアルロン酸(肌の表面、表皮)などを増やして、みずみずしい肌にする。


と、かなり頼もしい外用薬ですが、副反応が激しく出てしまうことも多く
途中で痒くなったり、肌が赤くなりヒリヒリしたりしたりと、塗り始めた
2日目くらいから多少変化が出始め、2~4週間ほどは、かなりつらい
時期でもあります。


私の場合は、シミも年齢とともに出てきて、気にはなりますが、
小じわやタルミが心配な方なので、緩やかなトレチノイン療法で取り組みました。


トレチノイン(スティーバa)ハイドロキノン(ユークロマ)のクリームや軟膏と
混ぜて薄めたりし、自分の肌に合う濃度に調節したりして、ゆるやかに続けています。


いろいろな、皮膚科や美容外科のサイトを見ていくと、私のような
取り組みを推奨している、医療機関もみかけます。



 

>>トレチノイン、BIHAKUENの詳細はこちら<<


>>ハイドロキノン ユークロマ クリームの詳細はこちら<<




ハイドロキノン(ユークロマクリーム)トレチノイン併用
組み合わせ相乗効果は、ここに詳しくまとめてあります。
    ↓
ハイドロキノン+トレチノイン効果 最強セットまとめ


 

トレチノインやハイドロキノンを配合している、スティーバAやユークロマクリームは、医薬品です。
市販の化粧品よりも成分が濃いので、効果の結果も素晴らしいですが、副作用と言うよりは、副反応のですが、こちらも強く出る劇薬でもあります。使用方法をよく確認の上、使い方の順番などは、シミの種類を確認しながら、必ず!自己責任で注意をしながら使用してください。

この記事にコメント

*

トラックバックURL