トレチノインハイドロキノンで乳首の黒ずみを美白解消

2014.3.25|トレチノインとハイドロキノン効果について

上の景色は、私がよく行く天然温泉から観た景色です。
キレイでしょ。


入泉料400円で、お風呂もきれいなので、気分転換によく行きます。


ここで出会ったのが、周りの人が思わず目を引くほど、乳首が黒ずんで
いた女性でした。


申し訳ないと思う以前に、目がいっていたというのが、正直なところでした。


間髪をおかず、彼女の友達が声をかけ、

「今、授乳中でしょ?、さあ、お風呂に入りましょ。」と言って
お風呂場に入って行きました。


乳首が黒ずんだ彼女は、一瞬なことながら、いたたまれない様子が
目に見えて、かわいそうでした。


また温泉に来て、楽しい旅行が出来る時が来ますことを、願っています。

こんな人こそハイドロキノントレチノイン療法の試みを・・・


40507835_T2 人によって、ほんとうに個人差のある乳首の黒ずみですが彼女は悩みが深そうです。


シミについての悩みも、かなり深いものがありますが、やっぱりこういう体験があると、外に出て愉しむという機会が失われてしまうことが残念です。


乳首の黒ずみ解消、美白は、顔よりは時間がかかります。

ましてや彼女の場合は、お子さんもまだ授乳中ですので、乳首の黒ずみを消す治療はまだできません。


妊娠中や授乳中は、副作用の心配を回避するため、取り組まないほうがいいのです。
赤ちゃんのためには母乳が見つけやすい、親切な乳房となりますので。


お子さんの授乳後になりますが、これほど濃い乳首の黒ずみであるならば
授乳終了後、取り組んで頂いて、心細い思いを取り除いてもらえたらと思います。

トレチノインの副作用について


内服薬は、白血病などの治療薬に使う、強い飲み薬です。
飲み薬は、催奇性があると報告され、妊娠中の人、これから妊娠の予定のある人、授乳中の人は、服用を禁止されています。

でも、外用薬は微量の使用のため、催奇性の報告はありません

トレチノインは、ビタミンA誘導体で身体に、微量存在する成分ですから、基本的に外用薬では、アレルギーとうものは、ほぼありません。


でも、活発過ぎる新陳代謝による、早いターンオーバーによって、皮膚炎が起こり、赤みが出てヒリヒリしたり、皮が剥けが起こり、フケのように、ポロポロ皮膚が剥けてきます。痒くてかきむしりたくなります。


痒みはコマメに保湿をしっかりすることで、切り抜けます。


皮膚炎やかゆみ、赤みやひりひりが一度に出てくると、不安になりほんとうに大丈夫だろうかと、不安に襲われますが、この不安が1番の副作用といえるかもしれません。


トレチノインの反応は、人によって、個人差があります。


売れ筋の濃度0.1%でないと、効き目が感じられないという人もいれば、この濃度をススメるなんて、なんて誠意がないんでしょうと言うほど、トレチノインの反応が敏感な人もいます。


これは、自分で肌に合う濃度や使いごこちを、見つけるしかないです。

本来は、皮膚科や美容クリニックで処方してもらって使うものです。
ただ、美白関連は、自費診療になります。


私の場合は、ネットで調べ、個人輸入代行の通販サイトで購入して自宅で使っています。


私が愛用しているトレチノイン成分の外用薬は、スティーバAクリームですが、他にもトレチノインジェル、レチンA クリームなどもあります。


スティーバAと決定的に違うのは、臭いがあるかないかです。
私はスティーバAはほとんど臭わないと思います。

セメダイン臭が気にならないならば、他の外用薬でも価格的には少し安いので好みに応じて選べばいいとと思います。

浸透は、クリームよりジェルの方が少しいいです。

ちなみに、私が購入したのは、スティーバAクリームでした。 ^_^


スティーバAとユークロマクリーム

ハイドロキノン副作用について


ハイドロキノンは確率は少ないですが、アレルギーが出る人もいます。
必ずパッチテストをして、アレルギーの確認をしてから使いましょう。


時々、たくさん付け過ぎると、アレルギーのような症状を出す人もいます。
薄く塗れば大丈夫です。
欲張って付け過ぎるとアレルギー症状が出て、薄くすると大丈夫という人もいますので、適量で使いましょう。


アレルギーなのに、トレチノインの皮膚炎と勘違いすると、色素沈着が返って濃くなる人もいますので気をつけましょう。

パッチテストをしてください。

トレチノイン効果とハイドロキノン効果の相乗効果について


トレチノイン効果とは、皮膚の中にあるシミや黒ずみのもとを押し出す、ピーリング効果があります。


肌の新陳代謝を活発にして、ターンオーバーを速めて角質とともにメラニン色素も外に押し出します。


普通のターンオーバーの期間の約半分の早さになるので、角質が炎症のようになりますが、これは効果でアレルギーではありません。


トレチノインは、人の身体に微量に含まれる成分ビタミンA誘導体ですので、アレルギーが起きることはまずないようです。


トレチノイン効果は、他にもありますが、黒ずみ解消にはこの効果が役たちます。


ハイドロキノン効果は、今あるシミや黒ずみを漂白する効果とこれから出来る、シミ黒ずみを予防するという効果です。


トレチノイン効果というか、副作用と言うかの皮膚炎で色素沈着が起きる可能性があり、それを予防するのがハイドロキノン効果です。


トレチノインハイドロキノンを使って乳首の黒ずみを改善するときはトレチノイン療法の知識をよく知って取り組んでください。

このブログでも、書いてあるので、参考にしていただけると嬉しいです。



>>トレチノイン、BIHAKUENの詳細はこちら<<


>>ハイドロキノン ユークロマ クリームの詳細はこちら<<



シミ・シワ・たるみ解消、乳首黒ずみ解消など
ハイドロキノン(ユークロマクリーム)トレチノイン併用、
組み合わせ相乗効果は、ここに詳しくまとめてあります。
    ↓
ハイドロキノン+トレチノイン効果 最強セットまとめ


 

トレチノインやハイドロキノンを配合している、スティーバAやユークロマクリームは、医薬品です。
市販の化粧品よりも成分が濃いので、効果の結果も素晴らしいですが、副作用、副反応が、強く
出る劇薬でもあります。取り扱いは、自己責任となります。十分注意して、取り組みましょう。

この記事にコメント

*

トラックバックURL