ハイドロキノンで肌が荒れる?ハイドロキノンを含まないタイプの美白

2013.8.2|トレチノインとハイドロキノン効果について 美白化粧品

トレチノインとハイドロキノン療法
始めたけれど、どうやらハイドロキノンにアレルギー
あるみたいとか、肌が荒れる、顔が赤いとか・・・

 

スティーバa(トレチノイン)の濃度が低いものを
使ってみて、皮膚は剥がれてくるが、赤みは出ないとき、

併用してユークロマクリーム(ハイドロキノン)を
塗ってみたら、赤くヒリヒリして来る、かぶれるなど、
ハイドロキノンの副作用やアレルギー反応が
出てきてしまったら・・・

 

ハイドロキノンを併用して使うわけには行きません。
そんな時は、どんなモノがハイドロキノン(ユークロマクリーム)の代用が出来るのでしょうか?

 

ハイドロキノンの漂白力(美白力)は、アルブチンの100倍もあるとか。
しかし、ハイドロキノンが使えないのなら、トレチノインと併用できるものはないのだろうか?


ハイドロキノンの17倍の効果ルミキシルは肌に優しいハイドロキノンを含まないタイプ



1.アルブチン


デメランクリーム(Demelan)

デメランクリームは、色素沈着を改善する美白クリームで
有効成分はグリコール酸、アルブチン、コウジ酸を配合

グリコール酸は、皮膚のターンオーバーを促進し、肌の生まれ変わりを促します。

アルブチン、コウジ酸は、チロシナーゼ酵素の働きを抑えて、
色素沈着の原因となるメラニンの生成を抑制します。

ハイドロキノンやトレチノインは配合されていなくて
穏やかに肌に働きかけます。

トレチノインやハイドロキノンが刺激が強くて心配な方は
こちらから試してみてはいかがでしょうか?

もちろん効果もおだやかです。



2.ルミキシル

レビュー
ハイドロキノンのように副作用もなく肌にやさしいです。
安心して長く使えます。洗顔後すぐに塗ることが効果の出るコツで
その後トレイチノンを塗ります。






3.ルシノール

レビュー
・目に見えて顔全体が明るくなった。

トレチノインとハイドロキノン療法の経過と注意すること
ホワイトショット
ルシノール


 




 

上記の化粧品などを使う時も、紫外線対策を怠ることのないよう注意してください。
SPF30+PA+++以上の、日焼け止めUVケアをした方がいいです。

 
>>トレチノイン、BIHAKUENの詳細はこちら<<

>>ハイドロキノン ユークロマ クリームの詳細はこちら<<

 


ハイドロキノン(ユークロマクリーム)トレチノイン併用
組み合わせ相乗効果は、ここにまとめてあります。
    ↓
ハイドロキノン+トレチノイン効果
最強セットまとめ




 

トレチノインやハイドロキノンを配合している、スティーバAやユークロマクリームは、医薬品です。
市販の化粧品よりも成分が濃いので、効果の結果も素晴らしいですが、副作用、副反応が、強く
出る劇薬でもあります。自己責任で取り扱いには十分注意して取り組みましょう。

 

この記事にコメント

*

トラックバックURL