ハイドロキノンで肌の色が白くなったって本当?

2014.3.14|トレチノインとハイドロキノン効果について


私の場合としか言えませんが、シミやクスミ美白のために、しわタルミ改善のために顔全体にトレチノインとハイドロキノン配合のクリームを使っています。

実際、私の肌の色は、ハイドロキノントレチノイン療法のおかげで白くなって顔が明るくなりました。

手前味噌で申し訳ないのですが、ずいぶん顔色が白くなりました。

今は、首まで範囲を広げて(自己責任で)薄く塗って使っています。

皮膚科では自費治療になるので、個人輸入代行の通販サイトでスティーバaクリームとユークロマクリームを購入して始めました。




h3マーク 顔全体に薄く塗るゆるやかなトレチノイン療法体験談


スティーバAとユークロマクリーム

もちろんネットで使い方をよく調べてからの使用ですよ。
はっきり言って、1番実感できたのが、塗り始めてすぐに
クスミがなくなり肌が明るくなったのは、感動的に憶えています。


2ヶ月ほどたって写真で比較してみると、シミの部分も薄くなっているのが
写真で比較してみると判るのです。

シミをピンポイントで集中してとる積極的なトレチノイン療法ではなく
顔全体に薄く塗るゆるやかなトレチノイン療法なので、
まだシミは薄く残っていますが、確実に薄くなっています。


これは一番初めに取り組んだ時のものです。
シミ前後


肌のトーンがいくつか明るい方に上がっているみたいに
思えるほど、顔の明るさが違って見えます。


写真じゃなくても、鏡を見て、目視でも実感して
ひとりでニンマリしている時があります。


これはあくまで私の使用感であり感想です。
紫外線予防には手を抜けませんが、
ノーメイク状態の毎日です。

タルミが気になるので、その予防にトレチノイン療法は
期間をみながら続けています。


2クール目でも、使い始めてすぐの時にやっぱり肌の白さと
輝きに感動します。


そして、薄く塗って使っていますけれども、肌が赤くなり、ヒリヒリし
皮膚が少し、目の辺りから剥がれてきます。


確かに、痒くてボロボロと皮膚がめくれてきて、夫から見ると
ものすごく肌荒れが酷いと心配されますが、自分で鏡を見ながら
肌の白さに満足し、こんなに肌が白かったのかと感動しています。(苦笑)


私の場合は、どちらかと言えば、肌の色が白い方なので
余計のそういう実感を持てるのだと思います。


そんな時は、髪をアップにして大きめのピアスをして、
服もちょっとオシャレに決めて、何処かへ出かけたくなります。


もちろんせっかく美白美女になったのだから、
紫外線予防のUVケアはちゃんとして出かけますよ。


トレチノイン療法は、炎症とかゆみで、とてもつらいものです。
しっかり覚悟の上で行なってください。

h3マーク シミや肝斑に積極的に取り組む場合


シミや肝斑に積極的に取り組む場合は、皮剥けの状態が(約4~8週間)
治まった後、トレチノインを使うのを止めて、ハイドロキノンだけ
塗り続けます。


このハイドロキノンだけの期間をしっかりと取ることにより
シミの戻りが予防出来ます
ので、1ヶ月以上~2ヶ月は続けます。

その後ハイドロキノンも休む期間が1ヶ月ほど、休薬期間を設けます。

その後まだ残っている場合は、2クール目を始めます。


トレチノインの副作用は皮膚炎ですが、これはアレルギーではありません。
恐いのは、漂白作用の大きいハイドロイノンのアレルギー
これを間違えて、耐えて続けることが危険なのです。


ハイドロキノン(ユークロマクリーム)によるアレルギーが、自分にはないと
自信を持って取り組めることが大切なのです。
大げさのようですが、パッチテストでなんともなければいいのですから。


もちろんトレチノイン効果、ターンオーバーが早くなるための
皮膚炎が激しすぎれば、色素沈着がの原因になりますが、
それ以上に危険なのが、ハイドロキノンのアレルギーによる皮膚炎症
による症状です。


ハイドロキノンは必ずパッチテストをしましょう。
髪染めでかゆみが出る人は、使えない可能性が高いと言えます。


必ず、異常がないことを確認してはじめましょう。

アレルギーの起こる確率は、少ないそうですが、
アレルギーの有る無しを確認をして、心配のない状態で、
トレチノイン効果に取り組むほうが間違いが少ないのです。

先ずは、濃度の低いものからトライしてみるのがいいと思います。




他の方法と比べたら随分と格安に出来るので、それでもやってみたいと思ったら
このブログにトレチノインとハイドロキノンについて詳しく話していますので
まずは気になるところから、読んでみてください。



>>トレチノイン、BIHAKUENの詳細はこちら<<


>>ハイドロキノン ユークロマ クリームの詳細はこちら<<



シミ・シワ・たるみ解消のために
ハイドロキノン(ユークロマクリーム)トレチノイン(スティーバA)併用、
組み合わせ相乗効果は、ここに詳しくまとめてあります。
    ↓
ハイドロキノン+トレチノイン効果 最強セットまとめ


 

トレチノインやハイドロキノンを配合している、スティーバAやユークロマクリームは、医薬品です。
市販の化粧品よりも成分が濃いので、効果の結果も素晴らしいですが、副作用、副反応が、強く
出る劇薬でもあります。取り扱いは、自己責任となります。十分注意して、取り組みましょう。


この記事にコメント

*

トラックバックURL