美白成分として、人気上昇中のハイドロキノンですが、これは、CMで有名になった、格安で購入できるジェネリック医薬品です。



化粧品の中にも入っていますが、外用薬は、配合されている成分が、化粧品よりも格段に濃度が濃いです。




ハイドロキノンの使い方



シミやソバカスなどの、メラニン色素を漂白し、メラニンを作る酵素の
働きを阻害して、メラニンそのものを出来にくくする働きがあります。



医薬品は、化粧品よりも濃度が高い分、正しい使い方を理解する
必要があります。




ハイドロキノンとトレチノインの効果と特徴



ハイドロキノンは、ビタミンC誘導体、アルブチンなどよりも
美白力は10から100倍あると言われています。



シミの悩みが深くなると、皮膚科や美容クリニックにでかけ、相談する人も
多くいますが、医師は、美白、シミを消す、シミを改善する治療として、
ハイドロキノンとトレチノインを併用したトレチノイン療法を紹介してくれます。



ハイドロキノンは、シミを直接、漂白し、お肌の漂白剤と呼ばれています。
メラニンを作るチロシナーゼという酵素の働きを抑え、メラニンの数を減らします。



トレチノインは、お肌の新陳代謝を活発にするために、ターンオーバーが促進され、
シミを外にだすピーリング効果を高めます。
コラーゲンの生成を助けるので、お肌にハリが戻ってきます。



ハイドロキノン(ユークロマクリーム)とトレチノイン(スティーバA)を使った、
シミを取る方法はハイドロキノンとトレチノインの治療法を見てください。

ハイドロキノンとトレチノインの注意点について


内服薬のトレチノインは、摂取し過ぎると、赤ちゃんの奇形の危険性が
報告されています。


トレチノイン治療では、塗り薬のみの極微量の使用ですので、
心配は殆ど無いです。外用薬の使用による、奇形の報告はありません。


ですが、妊娠中の人は、使用をやめてください。



理由としては、不安になるような余計な心配事は
作らないということです。


開封前と使用中の保存は、ハイドロキノン(ユークロマクリーム)も
トレチノイン(スティーバA)も成分としては、不安定な要素があるので、
必ず冷蔵庫に入れて保存してください。


美容クリニックなどで診察を受けて、シミ解消の指導を受けるのが1番安心です。


トレチノインは海外ではシッカリと認可がおりて、普通に市販されています。


私は自宅でハイドロキノンなどの外用薬を使って、治療する時は
個人輸入の通販サイトから購入しています。格安で買うことが出来て助かってます。



私が使っているオオサカ堂は、正規品を送料無料で買うことが出来ます。


注文してからは、香港やシンガポールから、正規品が送られて来るので安心です。


到着まで1週間から2週間ほどかかりますが、自分のマイページから、
配送状況を具体的に見ることができるので安心です。




 
>>トレチノイン、BIHAKUENの詳細はこちら<<

>>ハイドロキノン ユークロマ クリームの詳細はこちら<<

 


ハイドロキノン(ユークロマクリーム)トレチノイン(スティーバA)併用、
組み合わせ相乗効果は、ここに詳しくまとめてあります。
    ↓

ハイドロキノン+トレチノイン効果
最強セットまとめ



 

トレチノインやハイドロキノンを配合している、スティーバAやユークロマクリームは、医薬品です。
市販の化粧品よりも成分が濃いので、効果の結果も素晴らしいですが、副作用、副反応が、強く
出る劇薬でもあります。取り扱いには十分注意して取り組みましょう。

 

この記事にコメント

*

トラックバックURL