ハイドロキノンは炎症後色素沈着を予防できるか?

2014.4.27|ハイドロキノンについて

ニキビなどの炎症後には、色素沈着が起きる
可能性が多いです。

傷の跡、虫さされの後にも、火傷の痕にも
色素沈着の可能性があります。

シミだけでなく、この色素沈着もメラニン色素が
原因
で、やっぱり気になりますよね。

ハイドロキノンの効果は、シミを作る酵素チロシナーゼの働きを
抑えてシミを作るのを予防します。そして今あるシミを漂白する
効果があります。


ハイドロキノンはトレチノインと併用して、シミを消したり
改善します。


トレチノインのピーリング効果で皮膚炎がおきます。

この皮膚炎の後に色素沈着が起きる可能性があり、この色素沈着を
ハイドロキノンが漂白し、その上これから出来る可能性のある
黒ずみ、色素沈着を予防します。


h3マークハイドロキノンは色素沈着を漂白し予防できる?

ハイドロキノンは色素沈着を漂白し、予防できます。


ただ、ハイドロキノンだけだと、普通のターンオーバー周期にともなって
シミを漂白していくので、結果が遅いと言うより、ターンオーバーの周期に
沿っての結果となります。


ここにトレチノイン効果をプラスして、ターンオーバーを早めることによって
シミを消す効果が早くなるといえるでしょう。


新陳代謝を促進して、ターンオーバーを早め、皮膚細胞の中にあるメラニン色素を、
表皮の外に押し出す作用を早くするけれど、皮膚炎という少し耐えるのが辛い時期を
通り抜ける必要があります。


シミが消える早さが、トレチノインの外用薬(スティーバA)を使うことに
よって早くなる。しかし、皮膚炎によって色素沈着が起きる可能性があるけれど、
ハイドロキノンの外用薬(ユークロマクリーム)を併用することによって、色素沈着を
漂白し、黒ずみが出来るのを予防することが出来るというメカニズムです。


ハイドロキノンだけを塗って、ターンオーバーの周期にそって、色素沈着を
消していくという1つの選択肢。


トレチノインとハイドロキノンを併用して、ターンオーバーの周期を半分にして
シミを細胞の元から消していく方法、トレチノイン療法を選択するという
2つ目の方法も存在するということです。


そして、トレチノイン療法の方が、ハイドロキノン単品で使うよりは、効果も
しっかりと分かるというわけです。


ただ、皮膚炎に個人差があり、人にによって起こり方が違うので、自分の皮膚の
反応を見ながらトレチノインの濃度を自分で選択していく必要があります。


参考にしていただけると嬉しいです。




個人輸入代行で購入できる方法もあります。
この方法は、とっても自費と比べると安く購入できます。


スティーバAとユークロマクリーム


正規品が買える、個人輸入代行通販サイトもあります。
私の場合は、オオサカ堂の個人輸入代行通販サイトで購入しています。

全国送料無料で、カード払いと銀行振込みがあります。
商品の追跡調査も、購入サイトから出来ますので、安心して買っています。


何よりも、値段が安いので始めやすいです。

輸入代行をしている通販を利用すると、かなり安く購入することができます。



>>トレチノイン、BIHAKUENの詳細はこちら<<


>>ハイドロキノン ユークロマ クリームの詳細はこちら<<





シミ・シワ・たるみ解消のために
ハイドロキノン(ユークロマクリーム)トレチノイン(スティーバA)併用、
組み合わせ相乗効果は、ここに詳しくまとめてあります。
    ↓
ハイドロキノン+トレチノイン効果 最強セットまとめ


 

トレチノインやハイドロキノンを配合している、スティーバAやユークロマクリームは、医薬品です。
市販の化粧品よりも成分が濃いので、効果の結果も素晴らしいですが、副作用、副反応が、強く
出る劇薬でもあります。取り扱いは、自己責任となります。十分注意して、取り組みましょう。

この記事にコメント

*

トラックバックURL