ハイドロキノン売れ筋NO.1最安値を探す

2014.6.12|ハイドロキノンについて 正規品保証個人輸入代行通販サイト

ハイドロキノンはお肌の漂白剤と言われ、とても美白力のある成分です。


これは、オオサカ堂のスキンケアの売れ筋ランキングです。
ユークロマクリームは成分ハイドロキノンの外用薬の名前です。


ハイドロキノン配合のユークロマクリームもトレチノイン配合の
スティーバAクリームも化粧品ではなく外用薬です。
厚生労働省が化粧品に認可しているハイドロキノンの濃度は2%以下です。


上のランキングを見てもらうとわかるように
化粧品よりもずいぶんと格安に効果的に、美白に挑戦することができます。


ハイドロキノンはトレチノインと併用して使われることが多く
お互いの相乗効果によりシミやシワを効率よく解消してくれる
最強の治療法と言えます。


ハイドロキノンの売れ筋で、なおかつ最安値で購入できる
NO.1の方法と言えます。


今までシミで悩んでいた人が最終的にたどり着くのが
この方法
とも言えます。


先ずは、皮膚科などで診察してもらうのが、最善の方法です。

ただ、美白に関する治療は、自費となるため、通販サイトで購入して
自宅で自分で美白の治療をしている人もいます。


しっかりと知識を持って取り組むことが必要です。

h3マークハイドロキノンユークロマクリーム効果

a1380_000753
紫外線などが原因で刺激を受けたチロシナーゼ酵素が
メラノサイトに働きかけ、メラニンの生成を促し
シミを作ってしまいます。


ハイドロキノンはチロシナーゼ酵素の働きを阻害し
これからできるシミを予防し、今あるシミを解消し
消してくれます。


ハイドロキノンには、少数ですがアレルギーが起きることがあります。


ハイドロキノンの刺激によるアレルギー(皮膚炎)は
肌に悪影響を与えるので、使う前にパッチテストをして
アレルギーのないことを確認してから使うようにします。


ハイドロキノンの濃度が濃くなるほど、皮膚に与える刺激が強くなるので、
よりアレルギーがおきやすくなり、赤みや痒みが出やすくなります。


トレチノインの効果にも皮膚炎が起きますが
これはトレチノインの効果によるもので、細胞の中にあるシミとなっている
メラニン色素を、細胞とともに外に押し出し、シミを消していきます。


トレチノインは極微量身体の中に存在する成分ですので
アレルギーが起きることはありません。


ハイドロキノンが原因のアレルギーとトレチノインの効果による皮膚炎を
よく混同してしまいやすいので、ハイドロキノンによるアレルギーを
きちんとパッチテストで把握しておく必要があります。



注意点としては
●トレチノイン(レチンA)もハイドロキノン(ユークロマクリーム)も冷蔵庫で保存する。

●日焼け止めをしっかりしてください。ハイドロキノンは紫外線を受けると酸化しやすく
活性酸素に変化して、シミの原因になりやすいのでしっかりと予防します。

トレチノインによる皮膚炎によりバリア機能が低下し
紫外線の影響もとても受けやすい状態となっているので
ハイドロキノンもトレチノインも使用中は、しっかり日焼け止め
UVケアを行ってください。

●妊娠中、授乳中、これから妊娠の予定のある人は絶対に使用をしない。


先ずは、東大式美容医学への扉でトレチノイン療法をしっかり読んで確認して下さい。
arrow_red トレチノイン療法

また、このブログにも書いてありますので、参考にしていただけると嬉しいです。


スティーバAとユークロマクリーム



>>トレチノイン、BIHAKUENの詳細はこちら<<


>>ハイドロキノン ユークロマ クリームの詳細はこちら<<




ハイドロキノン(ユークロマクリーム)トレチノイン併用
組み合わせ相乗効果は、ここにまとめてあります。
    ↓
ハイドロキノン+トレチノイン効果
最強セットまとめ

この記事にコメント

*

トラックバックURL