ハイドロキノン トレチノイン療法で色素沈着?

2014.3.19|トレチノインとハイドロキノン効果について

色素沈着が起きるのは、
アトピーの炎症後、ニキビの炎症後、虫さされの後
など、そしてトレチノイン効果で皮膚炎のように
炎症が起きます。
その炎症後にも黒ずみが起きる場合があります。

炎症による黒ずみを予防するために、
トレチノイン療法では、漂白成分ハイドロキノンが
併用されるわけです。



トレチノインとハイドロキノンは併用すると相乗効果が得られる
と言うのは、主にこの組み合わせ効果があげられます。


色素沈着を起こさないようにするために


市販の化粧品では、ハイドロキノンの配合は2%以下です。

トレチノインは日本では認可されていません。でもレチノール酸という
名前の成分が同様の働きをしますが、化粧品では、医薬品のトレチノイン
配合の外用薬ほどの効き目は期待できないでしょう。


裏を返せば、取り扱いを間違えると、症状がひどくなり、色素沈着も
より起こりやすいリスクもあるということです。


先ずは、皮膚科や美容クリニックで、指導を受けて要領がわかってから
自分で自宅で美白治療する方が望ましいと思います。


確かに、皮膚科などで自費で外用薬などを購入するより、
自分で個人輸入代行サイトから購入したほうが、
断然、格安で治療効果を得ることが出来ます。


そんな時は、このブログでも、くどいように書いていますが、
自分の責任でしっかりと知識を持って取り組むことです。


私も実際感じていることですが、「自分の責任で」という気持ちが芽生えると
しっかりとやり方などの知識や疑問に、取り組むことが出来るのです。


おかげで、皮膚炎などの症状にも冷静に取り組めるし、
何より自分の肌をいたわり、その上で嬉しい結果も手に入れることが
出来た、また出来るのだと思います。


他の方法と比べたら随分と格安に出来るので、このブログに
トレチノインとハイドロキノンについて詳しく話していますので
まずは気になるところから、読んでみてください。



>>トレチノイン、BIHAKUENの詳細はこちら<<

>>ハイドロキノン ユークロマ クリームの詳細はこちら<<



シミ・シワ・たるみ解消のために
ハイドロキノン(ユークロマクリーム)トレチノイン(スティーバA)併用、
組み合わせ相乗効果は、ここに詳しくまとめてあります。
    ↓
ハイドロキノン+トレチノイン効果 最強セットまとめ


 

トレチノインやハイドロキノンを配合している、スティーバAやユークロマクリームは、医薬品です。
市販の化粧品よりも成分が濃いので、効果の結果も素晴らしいですが、副作用、副反応が、強く
出る劇薬でもあります。取り扱いは、自己責任となります。十分注意して、取り組みましょう。


この記事にコメント

*

トラックバックURL