ヘリオケアウルトラD夏に特にオススメ!飲む日焼け止め

2014.4.30|SPF値PA値とUVケアのコツ

塗る日焼け止めは、汗に流されたり効果時間が過ぎ、追加で塗るのが面倒だったり、塗り忘れたりと完全に外から紫外線を防ぎきれないのではないかと思います。


飲む日焼け止めは、塗り忘れることもなく、また塗りにくい場所
でもフォロー
出来てしまう。


飲むだけなので、とてもお手軽に予防できますね。

(日焼け止めクリームを塗らなくてもいいというわけではありません(^_^; )


ヘリオケアウルトラDカプセル
(HelioCare Ultra-D)




飲む日焼け止めヘリオケアは、シミやしわを防いでくれる?


身体の中でも、紫外線の影響で活性酸素が発生してしまうけれども
飲む日焼け止めヘリオケアは、特許成分ヘリオケアで活性酸素を
還元して、細胞の損傷を防いで
くれます。


そのため、紫外線が原因のシミやしわが出来てしまうのを防いでくれる
という有り難い医薬品です。


皮膚科推奨の飲む日焼け止めで、世界50カ国の病院で使われています。


そして最も効果が高いのは、ヘリオアウルトラDカプセルです。

成分としては


抗酸化作用を高めるルテイン、活性酸素を減らす効果のあると言われる
トマトのリコピン、主成分Fernblock(R)480mg(100%天然成分)
(P.Leucotomos(中央アメリカに生息するシダ植物)が2倍、抗酸化力を
高めるビタミンC&E、紫外線を予防するために不足しがちのビタミンD
補っている、最強の飲む日焼け止めです。

効果としては


皮膚がんの予防にもなります。肝斑や色素過剰の人にもオススメです。
抗酸化効果もあるので免疫力を高める効果もあります。

中央アメリカに生息するシダ植物は、アメリカやヨーロッパで、アトピー
性皮膚炎や、乾癬、また白斑の人
に、伝統的に使用されているそうです。

副作用はあるの?


特に副作用はないようです。
妊娠中または授乳中の方はご使用をお控えください。とのことです。


藤の花も咲き、うぐいすも鳴き始め、初夏に入っていく季節からの紫外線。

5月頃からもっとも紫外線が気になる季節となり、10月頃までの紫外線は
特に予防が必要だとうことは、誰も否定出来ないでしょう。

今の時代はもう、1年中、紫外線対策が必要なことも、もう疑う余地もないくらいです(苦笑)



塗る日焼け止めも必要!


だからといって、塗る日焼け止めを塗らなくても
いいというわけではありません。

やっぱり直接肌をガードしてくれるのは、塗る日焼け止めです。
塗る日焼け止めクリームと飲む日焼け止めとの併用相乗効果です。



肌にやさしい日焼け止めです。
毛穴を詰まらせないオイルフリーのジェル状タイプです。






シミの解消には
ハイドロキノン(ユークロマクリーム)トレチノイン(スティーバA)併用、
組み合わせ相乗効果は、ここに詳しくまとめてあります。
    ↓
ハイドロキノン+トレチノイン効果 最強セットまとめ


 

トレチノインやハイドロキノンを配合している、スティーバAやユークロマクリームは、医薬品です。
市販の化粧品よりも成分が濃いので、効果の結果も素晴らしいですが、副作用、副反応が、強く
出る劇薬でもあります。取り扱いは、自己責任となります。十分注意して、取り組みましょう。

この記事にコメント

*

トラックバックURL