ユークロマクリームで黒ずみを美白できるの?

2014.5.26|トレチノインとハイドロキノン効果について ハイドロキノンについて

 

ユークロマクリーム(eukroma cream)は、ハイドロキノン配合の外用薬、確かに化粧品とは効果が格段に違います。

ハイドロキノンは、肌の漂白剤と言われているので、確かに、シミや
黒ずみや色素沈着を改善するのに最強だと思います。


最近は化粧品でも、成分の安定性があり、シミに効果的な
メディカルコスメも多数販売されていますが、とにかく価格が高い。

その点、ユークロマクリームは、個人輸入での購入となりますが
かなり格安で買うことができます。

h3マーク身体の場所によって効果が出る期間が違う


顔のシミトレチノイン療法シミのビフォアー&アフター 多数のケースが、顔のシミやソバカス肝斑
などが対象です。


その次に乳首や乳輪の黒ずみの改善の悩み。
乳首同様、デリケートゾーンの黒ずみの悩みも
かなり深刻なコンプレックスを伴う悩みと言えます。


その次に、脇や肘(ヒジ)、膝、くるぶしなど
胸から下は、効果が出てくるのに時間がかかり
反応が遅くなります。


顔のシミや肝斑など、乳首の黒ずみ
ハイドロキノンとトレチノイン(スティーバAクリーム)を
併用して、シミや黒ずみの改善解消を治療します。


トレチノインを使って、顔のシミを改善しようとすると、塗り始めて
2~3日目くらいから、効果といえる皮膚がむけるという症状が始まりますが
乳首になると同じくらいか、少し遅く反応が現れます。


デリケートゾーンは、皮膚が薄く粘膜状になっているので、トレチノインは使わないですが
肘や膝などは、トレチノインの反応が遅く、むしろユークロマクリームだけで
いいのではないか
と言われています。


肛門は反応が敏感なので、こちらに誤って塗らないようにとの注意書きを
見たことがあります。取り扱いは、特にOゾーンは注意してください。
ビキニラインはVゾーン、陰部はIゾーン、肛門はOゾーンというそうです。


ユークロマクリームもスティーバAクリームも
本来は皮膚科や美容クリニックで診察してもらい、処方されるのですが
私の場合は、田舎なので近くに皮膚科もなく、自己責任でインターネットで知識を
得て行っています。


個人輸入代行通販サイトは、オオサカ堂を使っています。
とにかく価格が安く、対応も親切で早いですよ。


 

>>トレチノイン、BIHAKUENの詳細はこちら<<


>>ハイドロキノン ユークロマ クリームの詳細はこちら<<




ハイドロキノン(ユークロマクリーム)トレチノイン併用
組み合わせ相乗効果は、ここに詳しくまとめてあります。
    ↓
トレチノイン+ハイドロキノン効果



この記事にコメント

*

トラックバックURL