ルミキシルの刺激と毒性について

2013.9.6|ルミキシル(LUMIXYL)について 特集 美白化粧品

美白、今あるシミなどの色素を取り去ることを目的とする、外用薬や化粧品は、肌の表皮の部分にある角質を除去する、つまり、ピーリングです。


主にレチノイド(ビタミンA誘導体)、αヒドロキシ酸、グリコール酸、ビタミンCなどが、皮膚を刺激し、肌のターンオーバーを活性化させ、肌に刺激を与えます。


ハイドロキノンは化学物質であるので、極くまれに、4%ほどの人が、
アレルギーが起きてしまうことがあり、敏感肌の人は刺激が強すぎて
使えないという人もいます。


ハイドロキノンは、シミなどのピンポイント使いには、特に、有効的な使い方
ですし、肌の漂白剤と言われるように、メラニンを直接漂白する効果もあります。

これが、ハイドロキノンとルミキシルの一番の違いと言えます。


特に、くすみなど、顔全体を美白するために使いたい人は、ルミキシルの毒性のなさ、肌への刺激が
ないことなど、マイルドな使い心地で、肌に優しいので、顔全体でも使うことが可能
です。


浸透した細胞にも、毒性はありませんので、安心して使うことが出来ます。


Lumixylペプチド配合のルミキシルには、肌のパッチテストを行っても
刺激による赤い腫れやアレルギー反応は見られなかったそうです。


スタンフォード大学の臨床検査によると、人のメラニン色素に、
毒性の反応を作ること無く、メラニン生成の立役者の、
チロシナーゼを、43%も減少させることができる結果が出ました。


ルミキシルは、毒性も刺激性もない、安心して使用できる
化粧品である
ことがよくわかりました。


注意点としては、洗顔後すぐ一番最初に、肌に塗ること
ルミキシルを効果的に使う方法であるということです。

h3マークルミキシルで透明感を実感するお手入方法とは?


ルミキシルは、医療機関でしか、販売していない化粧品です。

敏感肌の人でも、安心して使える、刺激性も毒性もないコスメです。


せっかく、お手入れに使うのだから、効果的に使いたいですよね。
他のスキンケアと使用しても大丈夫であるならば、
もっと効果的に使える方法も知りたいと思います。



肝斑の治療や、シミ取りのレーザー、フォトフェイシャルなどの時も
ルミキシルを使うと有効です。






美顔器を使った後に、使うのも良さそうです。

ルミキシルは、肌のキメを整え、そして乾燥を防ぐので引いては
肌荒れの予防につながります。


肌荒れがなくなれば、肌にハリとツヤが戻ってきます。


なんとも、たくましい、コスメでしょうか!


ルミキシルを使った人のレビューと改善の結果ルミキシルを使った人のレビューと改善の結果


す~と肌に染みこむ感じがとても気持ちいい。匂いもなくて使いやすい。
肌のトーンが明るくなった。



使い心地がいい。刺激もなかった。透明感が増した。
ハイドロキノンとくらべてもベタつかない。




ルミキシルの、モニターになった女性の、8週間後のお肌の調子は
著しい改善が見られたと、報告されています。


12週間後は、40%の人に肌改善の効果がみられ、
16週間後には、50%の女性の肌に、改善が認められたとの、報告の事実があります。




ルミキシルお試しセットをチェック(ヤマト便)ルミキシル(Lumixyl)トラベルセット(グリコピール10)




@コスメの口コミを調べてみました。@コスメの口コミを調べてみました。




詳しくて、ルミキシルのこと、使い方がよく解ります。


ルミキシルを使った人の口コミを見てみる



美白治療は自費です。輸入代行をしている通販を利用すると、正規品がかなり安く購入することができるというのが私の実感です。


つまり、ルミキシルは、刺激が少なくて副作用もなく、その上、肌を引き締め、
キメを整え、肌の弱い人でもトラブルがなく、安心して使用できる、
美白コスメなのです。


(ヤマト便)ルミキシル(Lumixyl)ブライトニングクリーム

公式ページはこちら ↓
>>ルミキシル(LUMIXYL)詳細をチェックする<<




ハイドロキノン(ユークロマクリーム)トレチノイン併用、
組み合わせ相乗効果は、ここにまとめてあります。
    ↓
ハイドロキノン+トレチノイン効果
最強セットまとめ





この記事にコメント

*

トラックバックURL