レスベラトロール|長寿遺伝子でシミしわ改善

2014.1.11|アンチエイジング レスベラトロール

長寿遺伝子の名前は、サーチュイン遺伝子といいます。


このサーチュイン遺伝子はだれでも持っている遺伝子
だそうです。


普段は眠っていますが、眠っているのを起こして、
このサーチュイン遺伝子をONにする方法があります。


サーチュイン遺伝子をオンにすると、代謝が良くなり、
細胞が若返り老化を防ぐ
事ができます。



 長寿遺伝子と食べる順番



最近良く言われるようになりましたが、食べる順番でダイエット
出来るとか。

この食べる順番を間違えると老化してしまうのだそうです。


酸化するのが老化だと思っていましたが、アンチエイジングの研究により
糖化というキーワードが注目されています。


糖化を防ぐことが肌のたるみ対策だとか、糖化を防ぐ食事法とか
と色々聞くようになりました。


糖化とは、食事から糖を過剰に摂取すると、タンパク質が糖とくっついて
しまうことです。


糖化したタンパク質が体内に溜まると、身体が動かなくなり
老化してしまうのだというのです。


肌の若さを保つコラーゲンもタンパク質からできているので
糖化が始まると肌の弾力が失われて、くすみやしわ、たるみの
原因になるというのです。 シミのもとメラニンを狙い撃ち【ホワイトショット】

老化を防ぐ食事の順番


サラダ、豆腐、肉、ご飯の順番に食べる。
つまり、血糖値を急激に上げないように、血糖が増えにくい順番に
食べていく
のが、老化を起こさせないコツと言えます。


ゆっくり良く噛んで、急激な上昇を抑え、満腹感もでるのが
老化を起こさせない食事法となります。


これは私の自己流ですが、どうしても甘いものやお餅など、
血糖値の上がりやすいものが、どうしても食べたくなる時は
青汁を用意していて、食べる前に青汁を飲むようにしています(苦笑)


腹八分目、腹七分目が、身体にはちょうどよい量のようです。


コラーゲンを保つビタミンC


ビタミンCは1日に約100mg摂ったほうがいいそうですが、
レモンで言うと5個分の量に相当します。


長寿遺伝子サーチュイン遺伝子をONにするサプリ・レスベラトロール


葡萄の皮のに含まれているそうで、赤ワイン黒ワインにレスベラトロール
は含まれています。
昆虫や魚、哺乳類、猿やラットなどの実験で効果が発表されています。


長寿やガンのリスクを下げる、認知症の予防、放射能の生涯抑制、血糖値を下げるなど、
生活習慣病からなる症状によく効果が見られますね。





(LE)グレープシードエクストラクト
withレスベラトロール&プテロスチルベン



◆成分
ビタミンC(アスコルビン酸カルシウムとして)/Vitamin C (as calcium ascorbate)250 mg
カルシウム(アスコルビン酸カルシウムとして)/Calcium (as calcium ascorbate)25 mg
商標ブレンド/Proprietary Blend:100 mg
Masquelier’s2 Original OPCs1 [single and condensed (2-5) units of flavanols & polyphenols from grape seeds]
Leucoselect®3 grape seed extract [std. for 95% proanthocyanidins]
トランスレスベラトロール[も配糖体を供給(ポリダチン)](全体赤ブドウ(ビニフェラ種)とタデcupsidatumから(根)エキス/Trans-Resveratrol [from Polygonum cuspidatum (root) and whole red grape (Vitis vinifera) extract] [also supplying glycosides (polydatin)]20 mg
トランスプテロスチルベン(純粋なPterospan™およびSMART™プテロスチルベン/Trans-Pterostilbene (from pTeroPure®)0.125 mg
他の成分:米粉、植物性セルロース(カプセル)、植物ステアリン酸/Other ingredients: vegetable cellulose (capsule), microcrystalline cellulose, silica,








シミしわ・たるみの解消改善に効果的
ハイドロキノン(ユークロマクリーム)トレチノイン(スティーバA)併用、
組み合わせ相乗効果は、ここに詳しくまとめてあります。
    ↓
ハイドロキノン+トレチノイン効果 最強セットまとめ


 

トレチノインやハイドロキノンを配合している、スティーバAやユークロマクリームは、医薬品です。
市販の化粧品よりも成分が濃いので、効果の結果も素晴らしいですが、副作用、副反応が、強く
出る劇薬でもあります。取り扱いは、自己責任となります。十分注意して、取り組みましょう。

この記事にコメント

*

トラックバックURL