乳首と乳輪が黒ずむ原因と陰部の美白

2014.6.22|トレチノインとハイドロキノン効果について 乳首の黒ずみを解消する方法

東大式トレチノイン療法の乳首や乳輪の黒ずみに関するレポートを見て見ると



レポートは ⇒ こちらから読めます。




主な原因として上げているのは
●生まれつき肌の色が黒い人の方が乳輪や乳首は黒いそうで
大きく言ってしまえは、白人系の人に比べると
有色人種の女性の方が、乳首の黒ずみは起こりやすいそうです。

●また、少女から女性らしさが現れる始める思春期以降に
女性ホルモンが上昇して、女性ホルモンの影響で
乳輪や乳首の黒ずみも起こりやすい
そうです。


●下着による摩擦を受けると、炎症後色素沈着が起きやすい
そうですが、炎症後色素沈着が起きる下着って
どんだけゴワゴワの肌触りの悪い下着なんだろう?
と思ってしまいますが、可能性はあるようです。


普通の人は、着心地の良いソフトな下着を付けていると思うので
下着による影響があるなんて、私的にはちょっと考えられませんが??(@@;)

乳首と乳輪が黒ずみ解消法は?

美白の女性

トレチノイン成分の外用薬BIHAKUEN トレチノインとハイドロキノン成分の
外用薬ユークロマクリームを使って、解消法を実践しています。


乳首は、シミやシワを解消する顔の治療よりも
ターンオーバーの周期が遅くなるので
顔の時よりは反応が遅くなります。


トレチノインの外用薬、BIHAKUEN トレチノイン0.1%クリームを使って
反応が遅い時は、トレチノインジェル0.1%に変えてみる
またはディフェリン0.4%というトレチノイン成分配合の外用薬もあります。


トレチノインジェルは、セメダイン臭があって、臭いが気になる人もいると思います。

気にならなければ、トレチノインジェルを使用するほうが
クリームより効きめは有るようです。

また、0.4%で濃すぎる時は、ハイドロキノンと混ぜて使うとか
濃度の一番薄い0.025%ものと混ぜて調節するとかして
使うといいかもしれません。

ただこの辺りは、自分の肌をよく観察しての自己責任となります。


何故なら、通販サイトには、01.%と0.4%の間の外用薬が無く
また乳首は顔より反応が鈍いので、0.1%より濃い0.2%のものから始めると
東大式のレポートには書かれていました。


またターンオーバーの反応が遅いために
肌の耐性が、黒ずみの解消速度より早く起きてしまって
濃いめの外用薬に進めていかなければならない現象も
起きてくる可能性があるからです。


トレチノインの反応は、個人差が大きく
濃度の低いものでも過剰に、トレチノインの効果である皮膚炎が起きたり
また、濃度の濃いものを使っても、全く反応が起きない人もいたりと

計算通りにはいかないので、各自の症状に合わせて
進めていく必要があります。


それぞれの方々が、自分の肌の調子を観察しながら、自己責任で進めてください。


また乳首は、凸凹していて、肌のように均等に塗ることが困難で
凹んだところに濃く外用薬が残ってしまうことも起こりがちです。


できるだけ薄く均等に塗るように気をつけて治療を行ってください。

乳首のトレチノイン療法具体的な塗る順番は?




まず、安定型ビタミンC誘導体10%ローション・100mlを塗ります。


乳輪の外の輪郭にそって、にトレチノインの成分が乳輪の外に浸透するのを
防ぐために白色ワセリン馬油を塗ります。


ちなみに、馬油は天然成分、白色ワセリンは石油からの合成成分ですが
白色ワセリンプロペトは、白色ワセリンを生成して、より不純物を排除して
目にも使えるくらいにしたものです。

それぞれ使いやすい方、送料などの負担が有るかどうか。
時々に違うと思うので、自分にあった物を見つけてください。
馬油 / 白色ワセリンプロペト


トレチノイン成分の外用薬を乳輪の内側2~3ミリほど控えて塗ります。
ベビー綿棒(赤ちゃん用の小さめの綿棒)を使いますが、この辺は自分で工夫してください。


ハイドロキノン配合の外用薬を乳輪の輪郭まで塗ります。


注意:

厚く塗り過ぎないこと、均等に塗ること。

乳首乳輪はデコボコがあるので、凹んだところが厚くなりがちですが
塗りムラがあると、濃いところの皮膚炎がひどくなる可能性もあり
ヒビ割れて痛い時もあるので、あまり厚目に塗らないことです。


ハイドロキノンとトレチノインを混ぜて濃度を調節した時は、乳輪まで塗るか
少し控えめで抑えておきます。

妊娠中や、授乳中、妊娠の予定がある人は使えません。


皮膚の皮剥けや、肌の赤みなどで、ひりひり感が強くいたい時は
トレチノインとワセリンを塗るのを一時中止して様子を見てください。
その時も、ビタミンC誘導体ローションとハイドロキノンは、
止めずに続けて塗ります。



保存は冷蔵庫で。

トレチノインとハイドロキノンは何処で買えるのか?

スティーバAとユークロマクリーム3


普通は皮膚科や美容クリニックで診察を受け
指導を受けながらの乳首の黒ずみを解消する治療となります。


しかし美白関連は、健康保険がきかず自費となります。
また相談するのも恥ずかしいです ^^;


私の場合は、近くに皮膚科もないので、自宅で挑戦しているので、
個人輸入代行通販サイトオオサカ堂で、格安に購入しています。


オオサカ堂サイトにも、口コミがたくさん載っていますので、参考にしてください。



陰部の美白は、みんなどうしているの?


陰部は皮膚が薄いので、トレチノインはやめます。
ハイドロキノンの働きだけで充分だと思います。


ハイドロキノンは、新陳代謝を早める働きはありませんので、
ターンオーバーにあわせての、浮き出てきたメラニンを漂白するイメージです。


ハイドロキノンの効果は、今ある黒ずみを漂白し、
これから出来る、黒ずみを予防します。


ピーリングのように外に押し出す働きはないので
ターンオーバー周期の期間がかかります。


ハイドロキノン系は、濃度の薄いものを、
それをまた水で薄めて塗るくらいでちょうどいいと思います。






デリケートゾーンを優しく洗う優しい石鹸などもあります。



98万個突破!ジャムウ・ハーバルソープ






シミ解消改善の強い味方
ハイドロキノン(ユークロマクリーム)トレチノイン併用、
組み合わせ相乗効果は、ここにまとめてあります。
    ↓
ハイドロキノン+トレチノイン効果
最強セットまとめ




トレチノインやハイドロキノンを配合している、スティーバAやユークロマクリームは、医薬品です。
市販の化粧品よりも成分が濃いので、効果の結果も素晴らしいですが、副作用、副反応が、強く
出る劇薬でもあります。取り扱いは、自己責任となります。十分注意して、取り組みましょう。

この記事にコメント

*

トラックバックURL