加齢臭中年臭対策と制汗と身体を洗う

2014.6.15|ワキガの匂いを消す

あなたの体臭は大丈夫でしょうか?

中年臭・加齢臭の対策はあるのでしょうか?

大切なのは、身体の洗い方です。

ポイントは「汚れは取って、皮脂は残す」です。

身体というのは、失われたものは足りないと思って補おうとする。

必要な皮脂まで落としてしまうと、肌を保湿しようとして
皮脂が余計に分泌されてしまう。

70歳以上の高齢になると、皮脂の分泌が本当に減少して、
洗いすぎると乾燥肌になってしまう。

だから更に、枯れ草のようなニオイが強くなる。

ニオイが気になり、ニオイを取ろうとして、更に臭いの原因を作って
臭いを強くしている人が多い。

モテル男になるために
【POLA】男性と女性の視点を融合させて生まれた<マージェンス>

h3マーク洗濯物の衣服についた嫌な匂いを取る方法

枕や脱いだ衣服を放っておく時間が長いと、細菌が増殖して
ニオイの原因となってしまい、ニオイが落ちにくくなります。

皮脂がつきやすい部分、襟元などには、洗濯前に中性洗剤を付けて
もみ洗いをしておく。

この、ひと手間で、皮脂汚れとニオイが取れやすくなる。

ジャケット等の洗いにくい衣服は、脱いだ後に、お湯で固く絞ったタオルで
皮脂がつきやすい部分をたたいておくと、臭いを抑えることができる。

h3マーク疲労臭とは

疲労臭、アンモニア臭は、鼻にツンと来る刺激臭であるのが特徴です。

予防するには、肝臓の負担を減らすなど、肝臓をいたわり
身体の内側からの対策が重要となります。

大切なのは、疲労を蓄積しないこと。

口臭からわかる健康状態とは?

口臭の原因の9割は、口の中に原因がある。

原因:
歯周病、ドライマウス、舌苔(ぜったい)など→硫黄の臭いが特徴

対策:
口臭が気になる人は、こまめに水を飲む、ガムなどを噛むなどの対策ができる。

身体の中からの口臭もある


オダークレンズ(Odorcleanse)↑

糖尿病の人は、呼吸からりんごの腐ったような甘酢漬け臭がすることがある。

他には、耳鼻科系の病気で口臭が臭うこと多い。
蓄膿症、扁桃炎など

内臓からくる呼気(こき)の匂いは、とても微量なので
普通では嗅ぎ分ける事ができない。

臭いは生活習慣によって変わるのです。

自分の生活習慣を見直すことでも、口臭や体臭の予防ができる可能性もあります。

でも、生活習慣を変えても、今すぐに口臭や体臭が無くなるわけではありません。

先ずは、気になる体臭口臭をなくすることで、人と接する遠慮が無くなるのなら
サプリメントを活用するのもよい方法
なんだと思います。

TVゲンキの時間より参考

オオサカ堂の公式サイトの口コミをチェックしてみてください。

市販のものよりは効果があります。
との口コミがありました。

>>オダークレンズ(Odorcleanse)詳細はこちら<<

シミの解消には
ハイドロキノン(ユークロマクリーム)トレチノイン(スティーバA)併用、
組み合わせ相乗効果は、ここに詳しくまとめてあります。
    ↓
ハイドロキノン+トレチノイン効果 最強セットまとめ

 

トレチノインやハイドロキノンを配合している、スティーバAやユークロマクリームは、医薬品です。
市販の化粧品よりも成分が濃いので、効果の結果も素晴らしいですが、副作用、副反応が、強く
出る劇薬でもあります。取り扱いは、自己責任となります。十分注意して、取り組みましょう。

この記事にコメント

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL