老化を防ぐレスベラトロール|アンチエイジング特集

2014.1.7|アンチエイジング

レスベラトロールは赤ワインに含まれていると
いうのがよく知られている話です。


りんごの皮、ピーナッツの皮、玉ねぎの茶色い皮、
葡萄(ぶどう)の皮などにも多く含まれています。


ぶどうは皮ごと食べないと、レスベラトロールは
摂取できないそうで、皮ごと食べるのはあまり習慣的には
あまりやらない食べ方です。




でも確かに、綺麗に洗って、皮ごと食べたほうが
甘くて美味しいし面倒ではないですね。


私の場合、最後は飲み込まずに、吐き出してしまいますが(笑)



 レスベラトロール 老化を防ぐサプリメント







老化を防ぐ長寿遺伝子のスイッチをONにするサプリメント「レスベラトロール」
https://www.youtube.com/watch?v=cIkrhD_58sM





動画には、お猿さんのカロリー制限の話が出ていましたが
長寿遺伝子のスイッチをONにするには、腹7分目がいいそうです


腹7分目の量の、カロリー計算方法です。

動画を見ると、詳しく載っています。


レスベラトロール(Resveratorol)500mg


適正カロリー(kcal)の計算の仕方



適正体重(kg)=身長(m)☓ 身長(m)☓22

例 身長152cmの場合

1.52☓1.52☓22=


適正カロリー(kcal)適正体重☓基礎代謝基準値☓生活活動強度指数


基礎代謝基準値(kcal/kg/日)

年齢(歳) 男性 女性
15~17 27.0 25.3
18~29 24.0 25.3
30~49 22.3 21.7
50~以上 21.5 20.7


適正代謝基準値とは
年齢と性別によってキメられているものです。
表から自分に当てはまるものを入れて計算する。



生活活動強度指数

1.3(低い) 外出しない専業主婦
1.5(やや低い) 事務職など運動量が少ない人
1.7(適度) 営業職など歩く機会が多い人
1.9(高い) 運動選手など激しく身体を動かしている人


生活活動強度とは一日の活動量を示す目安


長寿遺伝子をONにする食べ方のポイント5箇条


1. 肉と魚を1日おきに食べる
2. 朝食をしっかり食べる
3. 和・洋・中をまんべんなく食べる
4. 炭水化物は後から食べる
5. よく噛んで食べる







シミしわ・たるみの解消改善に効果的
ハイドロキノン(ユークロマクリーム)トレチノイン(スティーバA)併用、
組み合わせ相乗効果は、ここに詳しくまとめてあります。
    ↓
ハイドロキノン+トレチノイン効果 最強セットまとめ


 

トレチノインやハイドロキノンを配合している、スティーバAやユークロマクリームは、医薬品です。
市販の化粧品よりも成分が濃いので、効果の結果も素晴らしいですが、副作用、副反応が、強く
出る劇薬でもあります。取り扱いは、自己責任となります。十分注意して、取り組みましょう。



この記事にコメント

*

トラックバックURL