室内でも日焼け止め?トレチノイン+ハイドロキノンでシミ解消

2014.2.9|SPF値PA値とUVケアのコツ アンチエイジング トレチノインとハイドロキノン効果について

トレチノイン+ハイドロキノンでシミ解消の
トレチノイン療法をするとき、皮膚もトレチノイン効果・副作用によって、
皮膚のバリア機能が弱くなり、紫外線によって、逆にシミになってしまう
こともあります。


もともとトレチノインもハイドロキノンも治療中は、紫外線対策が
必須であることを、美容医学への扉、東大式トレチノイン療法の
吉村先生他、皮膚科、美容クリニックの先生方、他すべてのブログに
書かれている注意事項です。

朝にトレチノインとハイドロキノンを塗る時は、UVケアは必ず必要です
が、外出する時は、2~3時間おきに、こまめに塗り直すことが大切です。

また、日焼け止めのサプリメントもありますので、長時間の外出の時は
併用して、万全を期すのもコツのひとつ
です。




ヘリオケアウルトラDカプセル(HelioCare Ultra-D)

昼間、室内で過ごすとき、夜も紫外線対策は必要か?

40516533_T2


ます、昼、室内で過ごす時はどうかということですが、
紫外線A波(UV-A)は、波長の長い紫外線なので、ガラスを
通り抜けて室内に入ってきます。

室内でも、太陽の光が入って明るい部屋で過ごすほど、UVケアが
必要です。

厳密に言えば、蛍光灯から紫外線が出ますので、気にしだしたら
切りがありませんが、治療中は、紫外線対策は24時間おこなっても、
やり過ぎるということはないのかもしれません。


注意としては、
やはり妊娠中、授乳中は使用しないこと。
このサプリの副作用は、特に報告されていない様子です。
用法用量を良く守って使用してください。


成分:P.Leucotomos(中央アメリカに生息するシダ植物)、Lutein(ルテイン)、
Vitamin C(ビタミンC)、 Vitamin D(ビタミンD)、Lycopene(リコピン)、Vitamin E(ビタミン E)



@コスメレビュー ヘリオケアウルトラDカプセル

ヘリオアウルトラD口コミ








紫外線対策、日焼け止めクリーム

>>ヘリオケアウルトラジェルSPF90(SPF50+)(HelioCare Ultra Gel SPF90(SPF50+))の詳細はこちら<<


この日焼け止めクリームは、数値も高いですが、保湿力もあるので、オススメです。
でも、一番の予防策は、こまめに日焼け止めクリームを塗って、肌を守ることです。

手軽に値段のお値打ちな、数値の低いものでも、日に何度も塗って補う習慣が大切だと思います。

数値が高いものを使っているから安心というわけでなく、1日に何度かは、塗り足して
肌を守ることが大切です。




出来てしまったシミの解消改善にも効果的。正規品ジェネリック医薬品

ハイドロキノン(ユークロマクリーム)トレチノイン併用
組み合わせ相乗効果は、ここに詳しくまとめてあります。
    ↓
ハイドロキノン+トレチノイン効果 最強セットまとめ




トレチノインやハイドロキノンを配合している、スティーバAやユークロマクリームは、医薬品です。
市販の化粧品よりも成分が濃いので、効果の結果も素晴らしいですが、副作用、副反応が、強く
出る劇薬でもあります。取り扱いは、自己責任となります。十分注意して、取り組みましょう。



この記事にコメント

*

トラックバックURL