肝斑というシミは、どんなものですか?

2013.9.13|トレチノインとハイドロキノン効果について 肝斑について

 

テレビのCMで、よく知られるところとなった肝斑(かんぱん)ですが、



シミの種類として
一番多く見られるのは、老人性色素斑=日光性黒子で、形がはっきりして、褐色や黒っぽく、点のように広がっています。





ところが、30代~40代の女性にの中には、実は、日光性黒子や
ソバカスではなく、肝斑だったということもあります。



肝斑は、30代~40代以上の女性に、多く見られるシミのひとつです。



肝斑は、どちらかといえは、肌の色が黒い人に、できやすいと
言われています。



肝斑の特徴は、左右対称、主に、頬の両側、額、下顎、鼻の下に
地図のように現れます。



妊娠中に肝斑が現れたり、ピルを服用中や、更年期にできてしまうことも
あります。



なかなか改善しない、又は、シミを消すことができるとしても、再発したり
することもありえる、けっこう厄介なシロモノです。

肝斑の症状と原因肝斑の症状と原因




肝斑の症状としては、左右対称に両頬の骨や額、
口の周りに、色が抜けたような、地図のように
現れます。


なぜか、目の周りには現れないそうです。


肝斑は、左右対称に、顔に地図のように、
現れるので、顔全体に、広がったように見えて
しまうので、シミの悩みとしても、大きいかもしれません。



肝斑がある人の中には、顔色が悪い印象がある人もいます。



その原因としては、
睡眠不足や低血圧という場合もありますが、肌のターンオーバーが正常に
起こらなる、新陳代謝の周期が長くなったりして、シミのもとメラニンが
肌に滞ったりして、肝斑となって現れてきたりすます。



また、疲れなどが原因だとか、腎臓や肝臓病が原因で、顔色が悪いと思っていたら
実は、病気というより、肝斑によって、顔色が悪く見えてしまったということも
あったりします。



ピルを服用中とか、妊娠をしたら肝斑ができた、と言われるように、
女性ホルモンのバランスが影響しているとも言われています。






肝斑は、50代後半で、肝斑が新しく出来たという女性は、ほとんどいないそうで、
60代を超えると、肝斑があった人でも、シミがなくなったという人も、多くいるそうです。



ハイドロキノン+トレチノイン人気記事

まとめ

ハイドロキノン+トレチノインでシミそばかす肝斑・しわタルミくすみを消す最強セットまとめ

濃度

スティーバaとユークロマクリーム濃度と効果について

副作用

トレチノインとハイドロキノンの副作用まとめ|ハイドロキノン編

トレチノイン副作用

トレチノイン・ハイドロキノン効果なし検証口コミ

シミ

ハイドロキノン・トレチノイン療法シミ治療のやり方

妊娠中のシミ・そばかすを美白できる?

シワたるみ

しわ・たるみ改善トレチノイン療法

シワたるみ改善で若返るトレチノインとイオン導入とリンパマッサージ

トレチノインと首のしわについて

顔のたるみが進む条件と予防法

クマ

青クマ・黒クマ・茶クマを解消改善する

乳首の黒ずみ

乳首の黒ずみを解消美白する方法と塗り方のコツは?

ハイドロキノンで陰部を美白出来るの?

デリケートゾーンの美白はルミキシルORハイドロキノン?

ハイドロキノンで黒ずみを美白・Vゾーン、脇、陰部など

垂れたバストを授乳前に戻してバストアップ

毛穴

ディフェリン(トレチノイン)と毛穴とニキビ

美顔器

【動画】アラフォー30-40代口コミ |トリアフラクショナルレーザー美顔器

毛穴、シミ、しわ悩み解消|ダーマローラースペシャルケアセットくちこみ

肌のタルミの美顔器VSシミ・そばかすなど解消の美顔器

まつ毛

エクステで弱ったスカスカで短いまつ毛を格安で長くする方法

紫外線

紫外線を防ぐサプリメント|ホンマでっかTVで紹介

この記事にコメント

*

トラックバックURL