ハイドロキノンで陰部を美白出来るの?

2014.2.11|ハイドロキノンについて 乳首の黒ずみを解消する方法

一般に言われるデリケートゾーン
と言うのは、3つの場所に別れる
そうです。

ビキニラインの前から見たVゾーンと、陰部のIゾーンと後ろのお尻周りのOゾーンです。


恋人が出来ると気になりだすデリケートゾーンですが、やっぱりキレイで
いたいと思うのは自然なことですよね。


マーク デリケートゾーンが黒ずみになる原因について

美白の女性
特にIゾーンの陰部は、肌が薄くその分、肌を守るためにメラニン活性が強いので
色素沈着が起きやすいのです。

メラニン色素の多い人ほど、黒ずんで見えることが多いです。
黄色人の日本人は、殆どの人が黒ずんでいるそうです。


でも、恥ずかしくて、誰にも相談できずにいる人がほとんどなので、
人知れず悩んでしまい、引いてはコンプレックスにもなってしまいます。



加齢による黒ずみもあるの?


男性の心ない言葉がありますが、男性だって同じじゃないなんて思ってしまいます。

例えば「遊んでいる男ほど、黒ずんでいる」とか(笑)真偽の程は知りません(笑)


と同じように心無い人が、同じようなことを女性に向かって言うわけです(笑)
こんなセリフは跳ね返していいのです。


加齢によって、顔にシミができてしまうと同じように、
デリケートゾーンも黒ずむわけです。

下着による刺激も、下着の素材によって、強い弱いはありますがあります。
毎日の生活によって自然に起きてしまうことに、気を悩ませるのは止めましょう。


乳首同様、デリケートゾーンも妊娠で黒ずむの?


女性の場合は特に、妊娠や出産、授乳期と言葉に言えない、頑張りとともに、
すごい経験をするわけです。乳首の黒ずみと同様に、デリケートゾーンも
女性ホルモンのバランスが崩れて、色素沈着が起きることもまた、
自然なことなのです。


デリケートゾーンの黒ずみを取る方法はあるの?


顔のシミを取る治療法にハイドロキノン・トレチノイン療法があります。

これはトレチノインで、皮膚の新陳代謝を活性化して、表皮の中にあるシミを
外に押し出して、ハイドロキノンで今あるシミを消すという
トレチとハイドロを併用する治療法です。

でも、トレチノインは表皮を剥がす働きで、とても強力な外用薬なのです。
デリケートゾーン特に陰部は、口の中と同様に皮膚が薄く、
トレチノインは強烈に効きすぎて、使用することは不向きです。


ハイドロキノンは、今あるメラニン色素を漂白し、メラニン色素を作る
メラノサイトの働きを抑制するので、黒ずみのない肌にすることが
期待できます。


ただ、ハイドロキノンも強い外用薬なので、濃度の薄いもの、
そして薄く塗ること
が大切です。


アレルギーの出る人もいますので、様子を見ながら慎重にすることが大切です。
二の腕の裏側や耳の後ろなどで、パッチテストで確認後に、はじめましょう。


先ずは、産婦人科の先生や、皮膚科専門医に相談するのが良いと思います。
このハイドロキノンは自費診療となるので、まず電話で問い合わせてみるのもいいですね。

自宅で自分で行う時は、個人輸入代行通販サイトで格安に購入しています。
個人輸入代行なんて使ったこともなく、とても不安でした。
でも送料無料で正規品がきちんと送られてたので、今は安心して購入しています。
オオサカ堂という老舗の通販サイトです。







デリケートゾーンを優しく洗う優しい石鹸などもあります。




≪TV・雑誌でも話題≫2分に1個売れているニオイ・おりものケア!





シミ解消改善の強い味方
ハイドロキノン(ユークロマクリーム)トレチノイン併用、
組み合わせ相乗効果は、ここにまとめてあります。
    ↓
ハイドロキノン+トレチノイン効果
最強セットまとめ



 

トレチノインやハイドロキノンを配合している、スティーバAやユークロマクリームは、医薬品です。
市販の化粧品よりも成分が濃いので、効果の結果も素晴らしいですが、副作用、副反応が、強く
出る劇薬でもあります。取り扱いは、自己責任となります。十分注意して、取り組みましょう。





この記事にコメント

*

トラックバックURL