ハイドロキノントレチノイン療法シミ治療|肝斑

2013.7.22|シミ・雀斑・肝斑トレチノイン療法 トレチノインとハイドロキノン効果について 肝斑について

肝斑(かんぱん)は、30歳を過ぎた頃から女性に多く発生する、
両頬の骨の上辺りに出来るシミです。


かつては、レーザーを行うと、更に、肝斑のシミが濃くなってしまう
ので、レーザー治療はやらないほうがいいと、言われていました。


しかし、最近はレーザーの技術も進歩して、肝斑の治療を
することが出来る、レーザーも現れました。


スゴイことに、自宅でも『肌の復元をテーマ』とした、
フラクショナルレーザーも、販売されるようになりました。


このレーザーは、肝斑に使っても問題なく、肌を改善
してくれるすぐれものです。 トリアレーザー美顔器で肌が10歳若くなる



あなたのシミは肝斑か?チェックしてみましょう。肝斑の見分け方


美顔器トリアフラクショナルレーザーと肝斑見分け方チェックシート


調べたところいよると、肝斑の改善や治療にも、トレチノイン+ハイドロキノン療法
効果的ということです。

 
 

 

肝斑に効く塗り薬としては、
外用薬にトレチノインハイドロキノン(ユークロマ クリーム)
肝斑に効く内服薬としては、トランサミン(トラネキサム酸)を使う方法、
ハイドロキノン+トレチノイン療法というものがあります。



私は昔クリニックに勤め、受付と同時に医師の処方に従い、
患者さんにお渡しする薬を作っていましたが、長く勤務していたので、


風邪の症状を聞くと、だいたい出るお薬が判るほどになりました。
トランサミン(トラネキサム酸)は、喉の炎症を抑える時に、よく処方されていました。

 

他にもトランサミンは、プラスミンという物質が、メラニンを作る細胞を活性化させる作用が
あるのですが、このプラスミンの作用を抑える力もあるらしく(抗プラスミン作用)
メラニンが作られにくくなり、シミ、肝斑が薄くなるようです。


また、トレチノイン+ハイドロキノン療法は、
外用薬スティーバAとユークロマクリーム(ハイドロキノン)に
スティーバaを肌に浸透しやすくする、ビタミンC誘導体の化粧品や、
内服薬のトラネキサム酸、ビタミンCやビタミンEのサプリメント
取り入れると相乗効果が見込めるのです。


 肝斑に向くトレチノイン療法のやり方とは



輸入代行をしている通販を利用すると、かなり安く購入することができます。使用方法をよく確認の上、あなたが取り組む際は、使い方の順番などは、シミの種類を確認しながら、必ず!自己責任で注意をしながら使用してください。



ハイドロキノン(ユークロマクリーム)トレチノイン併用
組み合わせ相乗効果は、ここに詳しくまとめてあります。
    ↓
ハイドロキノン+トレチノイン効果
最強セットまとめ



 

トレチノインやハイドロキノンを配合している、スティーバAやユークロマクリームは、医薬品です。
市販の化粧品よりも成分が濃いので、効果の結果も素晴らしいですが、副作用と言うよりは、副反応のですが、こちらも強く出る劇薬でもあります。取り扱いには十分注意してください。

 

この記事にコメント

*

トラックバックURL