乳首の色素沈着を改善してコンプレックス解消

2014.2.21|トレチノインとハイドロキノン効果について 乳首の黒ずみを解消する方法

10代で乳首の黒いのを気にして悩んでいる人もいます。


本人が思っているほどは、黒くはないと思います。肌の色が黒い
人に多いようです。




やっぱり、1番乳首が黒ずんでくるのは、妊娠してホルモンのバランスが
変化してくることが原因
で、また悩みの深いものだと思います。


しかし、出産、授乳後自然に元に戻る場合が多いようです。
授乳中赤ちゃんがオッパイを見つけやすくするために、黒くなるという話も
聞きます。


当然妊娠中、陰部も同じように黒くなるようです。


日本人女性の場合、黄色人でもあるので黒ずむ確率は、白人系の人よりは
多いでしょう。


あまり世間の心無い言葉に振り回されず、真に受けないようにするのが
一番ですが、愚かな男性が、勝手に思い込んでしまうことのほうが
罪だと思います。


そうだとしてもやっぱり、乳首はビンクのほうがいいですし、陰部も黒ずんで
いるより、きれいな桜色の方が、乙女のようでロマンチック
であることは、理解できます。


それでも黒ずみを解消して、きれいなピンクの乳首を目指したいというならば、
成分トレチノインとハイドロキノンを使った、トレチノイン療法というものがあります。



マーク 乳首のトレチノイン療法


ハイドロキノン・トレチノイン療法は乳首に使います。

乳首の美白のやり方


ハイドロキノンとトレチノイン療法の注意点、詳しい方法は
ブログの他の記事もしっかり読んで、理解してから初めてください。


トレチノインの配合された外用薬は、トレチノイン
ハイドロキノンの配合されたものは、ユークロマクリームを使っています。


まず乳房にビタミンC誘導体入の化粧水をつけ、ちふれビタミンC誘導体入り化粧水が
安くて予算に負担がかからずいいかも。


また、安定型ビタミンC誘導体10%ローションなども手頃に使えます。


外用薬のクリームの浸透を良くしますので普通の化粧水でもよいですが、
副作用対策のためにも、ビタミンC誘導体ローションやビタミンC誘導体化粧水
のほうが良いと思います。


乳液タイプは外用薬の効果を減らしますので、ローションタイプが好ましいです。




1.ビタミンC誘導体10%ローションを乳房全体に塗ります。


2.馬油または白色ワセリンを乳輪の外から乳房に向かって、乳輪を囲むように塗ります。理由はトレチノインが乳輪の外に染みでて、乳輪の外のトレチノインによる皮剥けを予防するためです。


3.乳首は、乳輪の黒ずみをはみ出さないように1~2mm内側までトレチノインを塗ります。
乾くまで少し待つか、ティッシュで拭き取ってもいいです。


早く乳首の黒ずみを薄くしたいからと言って、塗りすぎても
早く綺麗になる訳ではありません。時間は大して変わりません。


かえって、周りにはみ出したり、にじんだりして、トレチノインの症状が
激しく出るほうがよくないと思います。


4.その後、黒い乳輪部分をはみ出さないように、ユークロマクリームを塗ります。


乾くまで待って、保湿クリームを塗ります。(1分~2分ほど)


乳首は顔の反応よりも時間差があり顔より反応に時間がかかります。
7~10日ほど、またはもう少し時間がかかるかもしれませんが
皮膚が剥けて、ヒリヒリしたり痒くなったりします。

トレチノインを使うと必ず皮膚炎は出ますので、覚悟して取り組んでください。


他の記事にもしっかりと書いていますが、皮膚炎の症状が、個人によって差は
あります。びっくりせず冷静に観察し、我慢しきれない時はまずトレチノインをやめ
ハイドロキノンだけ塗って様子を見ます



心配な時は、早めに皮膚科などお医者さんで診てもらいましょう。




東大式のトレチノイン療法・乳首乳輪の黒ずみを取る方法も
いろいろ試行錯誤を繰り返しているようで
現在はこの方法に落ち着いているようです。



コツとしては、痒い時は保湿クリームを塗ると治まることがあります。
私の経験では、痒み止めよりも、保湿クリームを根気よく塗るほうが
効き目はありましたけど


乳首などが服や下着で擦れないように、ゆるやかなブラジャーをして保護
するのもいいですね。


夜1回、または朝と夜2回、期間は2~3ヶ月、顔よりは時間がかかります。

1~2ヶ月トレチノインのスティーバaとハイドロキノンのユークロマクリームをぬり、
その後、スティーバaを止めて、ユークロマクリームのみ1ヶ月~2ヶ月。

ハイドロキノンだけを塗る期間が短いと、黒ずんできたりぶり返したり
するようです。長めにユークロマクリーム(ハイドロキノン)のみ1ヶ月~2ヶ月。

その後、ハイドロキノンも塗るのを止めて、肌を休ませる期間1ヶ月以上。
このパターンを繰り返します。


黒ずみがぶり返すのは、ハイドロキノンを塗る期間が短いと
起こりやすいと言われています。

乳首は顔よりも時間がかかるので、半年から1年ほど
2クールから4クールほどは、繰り返して治療が必要です。


トレチノイン療法の注意点


妊娠中や授乳中はやらないように。これから妊娠の予定のある人も。
外用薬を使っての症例はありませんが、トレチノインは催奇性があるというレボートが
アメリカで発表されていますので。

ハイドロキノンはパッチテストをしてアレルギーを確認する。

アレルギーが出てしまった時は、ルミキシルがいいです。
価格の差がありますけれども、余裕があればハイドロキノンより、
ルミキシルの方がいいかも知れません。



保湿に心がける。
紫外線対策をする。乳首ですので大丈夫ですが、注意してください。
保存は冷蔵庫で。



乳首黒ずみ解消 塗る順番




陰部の美白はどう?


陰部は皮膚が薄いので、トレチノインはやめます。
ハイドロキノンの働きだけで充分にだと思います。


ハイドロキノンは、新陳代謝を早める働きはありませんので、
普通に浮き出てきたメラニンを漂白するイメージです。

ハイドロキノンの効果は、今ある黒ずみを漂白し、
これから出来る、黒ずみを予防します。


ハイドロキノン系は、濃度の薄いものを、
それをまた水で薄めて塗るくらいでちょうどいいと思います。








デリケートゾーンを優しく洗う優しい石鹸などもあります。



ジャムウ・ハーバルソープ





シミ解消改善の強い味方
ハイドロキノン(ユークロマクリーム)トレチノイン併用、
組み合わせ相乗効果は、ここにまとめてあります。
    ↓
ハイドロキノン+トレチノイン効果
最強セットまとめ






トレチノインやハイドロキノンを配合している、スティーバAやユークロマクリームは、医薬品です。
市販の化粧品よりも成分が濃いので、効果の結果も素晴らしいですが、副作用、副反応が、強く
出る劇薬でもあります。取り扱いは、自己責任となります。十分注意して、取り組みましょう。




ハイドロキノン+トレチノイン人気記事

まとめ

ハイドロキノン+トレチノインでシミそばかす肝斑・しわタルミくすみを消す最強セットまとめ

濃度

スティーバaとユークロマクリーム濃度と効果について

副作用

トレチノインとハイドロキノンの副作用まとめ|ハイドロキノン編

トレチノイン副作用

トレチノイン・ハイドロキノン効果なし検証口コミ

シミ

ハイドロキノン・トレチノイン療法シミ治療のやり方

妊娠中のシミ・そばかすを美白できる?

シワたるみ

しわ・たるみ改善トレチノイン療法

シワたるみ改善で若返るトレチノインとイオン導入とリンパマッサージ

トレチノインと首のしわについて

顔のたるみが進む条件と予防法

クマ

青クマ・黒クマ・茶クマを解消改善する

乳首の黒ずみ

乳首の黒ずみを解消美白する方法と塗り方のコツは?

ハイドロキノンで陰部を美白出来るの?

デリケートゾーンの美白はルミキシルORハイドロキノン?

ハイドロキノンで黒ずみを美白・Vゾーン、脇、陰部など

垂れたバストを授乳前に戻してバストアップ

毛穴

ディフェリン(トレチノイン)と毛穴とニキビ

美顔器

【動画】アラフォー30-40代口コミ |トリアフラクショナルレーザー美顔器

毛穴、シミ、しわ悩み解消|ダーマローラースペシャルケアセットくちこみ

肌のタルミの美顔器VSシミ・そばかすなど解消の美顔器

まつ毛

エクステで弱ったスカスカで短いまつ毛を格安で長くする方法

紫外線

紫外線を防ぐサプリメント|ホンマでっかTVで紹介

この記事にコメント

*

トラックバックURL