LシステインとNアセチルLシステイン(NAC)どっちを通販で買う?

2014.7.21|シミ・雀斑・肝斑トレチノイン療法

美白に効果ありとされるLシステインNアセチルLシステイン、結局どう違うのという素朴が疑問が現れる。

どちらを購入したらいいのだろう?


Lシステインはアミノ酸の仲間で、熱や湿気に弱く効果が減ってしまうようです。


それでビタミンCと一緒に摂取してLシステインの不安定さをカバーしながら、Lシステインの効果を発揮させます。


NアセチルLシステインは、Lシステインの不安定である(酸化されやすい)という弱点をアセチル化して安定させ、高吸収型にし効果を発揮しやすくしたのです。


NアセチルLシステインサプリメントは、Lシステインの効果をより発揮しやすい形で、より抗酸化力があります。


美白効果がより期待できるのはLシステイン+ビタミンCであるという人もいます。


システインの効果は?


  1. お肌の美白効果と肌の代謝を助け、肌のハリを取り戻す。

  2. 体の疲れやだるさを改善する

  3. 二日酔いを改善する

という働きをする。

Lシステインは不安定でビタミンCの働きを借りてシステイン効果を発揮します。


NアセチルLシステインは安定性があり、より体に吸収されやすく
システインの効果をより発揮しやすいといえます。


またどちらかといえば、Lシステインは紫外線が原因のシミや肌荒れによく
NアセチルLシステインは老化によってできるシミや、タバコやお酒などによる
活性酸素を除去するための働きにより効果があるというものです。


私の私見としては、NアセチルLシステインはLシステインより、抗酸化作用があり
肌だけでなく、体全体に効果があるのではと考えます。


私としては、NアセチルLシステインは、ビタミンCがなくても抗酸化作用があり
NアセチルLシステイン1つでいいのではないかと思いますが

どうでしょうか?



1錠が500mgで120錠あり、お得感があります。
↓ ↓ ↓
>>NアセチルLシステイン(N-Acetyl-L-Cysteine)
500mg120錠詳細はこちら<<




小ジワ・シミに/効く医薬品
Lシステイン+ビタミンCならこちら↓





 


ハイドロキノン(ユークロマクリーム)トレチノイン併用
組み合わせ相乗効果は、ここに詳しくまとめてあります。
    ↓

ハイドロキノン+トレチノイン効果 最強セットまとめ


 

トレチノインやハイドロキノンを配合している、スティーバAやユークロマクリームは、医薬品です。
市販の化粧品よりも成分が濃いので、効果の結果も素晴らしいですが、副作用、副反応が、強く
出る劇薬でもあります。取り扱いには十分注意して取り組みましょう。






この記事にコメント

*

トラックバックURL